皆さんこんばんは。
遊びに来てくださいましてありがとうございます。
今日も結局雨が止まず、非常に現場が
思うように進まなかったですな。
今まで以上に疲れてしまった。
それでは、本日はぜひともCDリリースして欲しい
アルバムを紹介します♪
っていうか、してると思うんだけど。


      
     ♪ LALU / LIVE AT P60 ♪

1. Greed
2. Yesterdayman
3. Bast
4. Timestop
5. Starwatcher
6. Wolven Eyes
7. Slaughtered
8. The Big Hunt
9. Virgil Donati Solo
10. Momento
11. Tatonka
12. War on Animals
13. Encore (Sick of Lies, Call to Arms)



2015年6月にリリースされた、フランス人Keyプレイヤー、
ヴィヴィアン・ラルーによるライブCDです。
まず、参加ミュージシャンが何気に豪華。

Joop Wolters - Guitars
Martin LeMar - Vocals
Mike LePond - Bass
Simone Mularoni - Guitars
Virgil Donati - Drums
Vivien Lalu - Keys


まず、Voのマーティン・レマー。
この人、LALUのデビュー・アルバム、
「ONIRIC METAL」を聴いたときにその
パワフルな歌いっぷりに驚いた。
肺活量も驚くほどスゴい。バラードを
歌ってもその実力がよく分かる。
何でも歌いこなす実力者だと思います。

ベースはマイク・レポンド。
SYMPHONY Xのベーシストということで
その実力は申し分ないが、彼自身が立ち上げた
バンド、MIKE LEPOND'S SILENT ASSASSINSという
バンドも興味深い。まだこのバンドの曲は聴いて
ませんが、ぜひともチェックしたいですな。

ドラムにはヴァージル・ドナティ。
彼が今までに参加してきたバンドやプロジェクトの数は
計り知れない。あのDREAM THEATERのオーディションにも
参加していたということは相当の実力者なのだろう。
実際に彼のプレイを見てみると、実にテクニカルかつ繊細な
スティックさばきはお見事というしかない。
HM/HRからジャズやクラシックまで完璧にそして柔軟に
対応できる屈指のプレイヤーだ。
難解な楽譜も読める、音楽の知識も豊富だ。

ギターにシモーネ・ムラローニ。
イタリアのブログレ・メタル・バンド、DGMでその
実力を存分に発揮している、個人的には
ベスト・ギタリストの最有力候補だと思う。
ギターの腕前はもちろんのこと、裏方の仕事まで
こなす、マルチな才能の持ち主。

もう一人のギタリストはジョープ・ウォルターズ。
この人、日本でどれだけ知られているか分からないが、
相当マニアックな存在なのかもしれない。
オランダの技巧派ギタリストですが、この人も
とんでもないテクニックの持ち主。
正直言って、
このLALUのCDに出会うまで彼のことは
まったく知らなかったが、彼のソロは
とにかく圧巻だ。
そんじょそこらのテクニカル・ギタリストなんかに
まったく引けを取ってない。
初めて彼のソロを耳にしたのは「Yesterday Man」
という曲でしたが、
「このギタリスト、とんでもなく上手い!!」と驚嘆した記憶がある。

そして、Keyのヴィヴィアン・ラルー。
彼の場合、弾きまくるというよりもゆっくりとじっくりと
盛り上げていくタイプなのかもしれない。
彼のプレイは「優雅」という言葉がピッタリだと思う。
プログレ・メタルでありながら壮大に優雅に展開されていく
彼の楽曲はなかなかないのかもしれない。

以上、
実力派ミュージシャンたちが集まったのは
個人的にも非常にウレシイ。
ところが、
コレ、
CDで売ってないの?
どこを探してもないのよね。



♪ Yesterday Man ♪
力強くも優雅なプログレ・メタルです。
ジョープ・ウォルターズのギター・ソロに注目。





♪ Tatonka ♪
この曲、正直言って
ズバ抜けた何かがあるわけではないのですが、
なぜかハマった。Keyが良いアクセントを
醸し出していると思います。これまた優雅だね。
ギター・ソロの「間」も心憎いほど素晴らしい。





ランキングに参加しております。よろしければクリックして皆さんの
貴重な1票をお願いします。
  ↓
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
皆さんこんばんは。
いやー、休みが欲しいですな。
明日は夜も仕事があります。
ここ2日くらい猛烈に暑かったような気がします。
特に夕方の西日が強烈ですね。
現場での仕事はなかなかキツいですが、
何とかこの夏を乗り切りたいものです。
それでは、本日オススメの曲を紹介します。
アルバムは以前に紹介したことがございます♪


   lalu.jpg

    ♪ LALU / ATOMIC ARK ♪

2013年9月にリリースされた、
フランス人Key奏者、ヴィヴィアン・ラルーの
ソロ・プロジェクトによる2ndアルバムでございます。
 
詳細はアルバムの記事をご覧いただくとして、

個人的には、
ギタリストにシモーネ・ムラローニ、
ドラマーにヴァージル・ドナティを起用したことが
とってもウレシイ。
マーティン・レマーのVoも相変わらずカッコいい!!
彼は、もっともっと世間で知られてもおかしくないね。



♪ RECOMMENDED TUNE ♪
♪ No.3 Tatonka ♪
この曲、じっくり聴いてみるとなかなか良いと思います。
マーティンの歌い回しもお見事!!




ランキングに参加しております。よろしければクリックして皆さんの
貴重な1票をお願いします。
  ↓
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
おはよーございます。
更新が遅くなって申し訳ないです。
夜の仕事が連続で続き、つい先ほど終了。
とりあえず一段落しましたので、寝る前に
更新をします。
本日、オススメのアルバムはこちら♪



  1. Greed
  2. War On Animals
  3. Tatonka
  4. Mirror Prison
  5. Deep Blue
  6. Bast
  7. Momento
  8. Follow The Line
  9. Slaughtered
  10. Revelations


 ♪ 88点 ♪

 ♪ LALU / ATOMIC ARK ♪

2013年9月にリリースされた、
フランス人Key奏者、ヴィヴィアン・ラルーの
ソロ・プロジェクトによる2ndアルバムでございます。

まずメンバーが相当なツワ者集団です!!
マーティン・レマー   (MEKONG DELTA) 
マイク・レポンド    (SYMPHONY X)
シモーネ・ムラローニ  (DGM)
ヴァージル・ドナーティ (PLANET X)
そして、ゲスト参加として
ジョーダン・ルーデス (DREAM THEATER)
さらに、
ジョープ・ウォルターズ (G) という人物、この人、
オランダ出身の技巧派ギタリストなのですが、やたら上手い!!

前作、「ONILIC METAL」 も実力者が集まった
素晴らしいアルバムでしたが、今回は、Voのマーティン以外を
一新しての2ndアルバムです。

ラストの曲以外はとってもコンパクトにまとめられており、
個人的にはもう少しメリハリが欲しかった気もしますが、
確かな演奏力と抜群の歌い回しが聴く者を魅了し、
確かな手ごたえを感じ取ることが出来るのではないかと思います。

このヴィヴィアン・ラルー (Key) の音楽は、何と言っても
「優雅」という言葉がピッタリかなと思います。
今回のアルバムではその要素がさらに増していき、
じっくりと聴きたくなる音楽ばかりで、彼のマジックを感じますね。

どーしてコレが日本発売されない?

♪ RECOMMENDED TUNE ♪
No.10  Revelations
   ↓
なんと、19分超えの壮大なプログレ・メタルです。

コレが非常に素晴らしい!!
やたらとスリリングな展開はないものの、
マーティンの力強くも繊細なヴォーカル、
文句なしのギター・プレイ、
ヴァージルのテクニカルなドラム・プレイ、
このような曲に出会える機会はなかなかないと思いますよ。

10:55 ~ 11:40 のギター・ソロがとっても素晴らしい!!
そして、
12:18 ~ 12:32 のマーティンのVoがお見事!!



ランキングに参加しております。よろしければクリックして皆さんの
貴重な1票をお願いします。
  ↓
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
皆さんこんばんは。
遊びに来てくださいましてありがとうございます。
少しばかり更新が遅くなりましたね。
ここ3日間ほど、
昼と夜の仕事が連続で続いたので、
更新する時間がありませんでした。
明日も仕事があるのですが、
今月は頑張らないとね♪

本日は、
大好きなプログレ・メタルの曲を紹介しますね。
なんと、トータル18分間です!
個人的には大好きな曲で、
なかなかの聴きごたえがあります。
ぜひとも聴いてみてくださいね♪


   

    ♪ LALU / ONIRIC METAL ♪

2005年あたりにリリースされた、
フランス人キーボード・プレイヤーによる
プロジェクトアルバム第一弾です。

壮大なオーケストレーションを施したプログレ・メタルで、
シンフォニックの要素あり、スリリングな展開あり、
非常に完成度の高い作品となっております。

とにかく豪華絢爛なメンバーが揃っただけに、
演奏能力はまったく申し分がないね♪

彼のニュー・アルバムもリリースされるハズなので、
今から楽しみです。

雑誌のレビューにも書いてありましたが、
優雅な感じが素晴らしいと思います。



♪ RECOMMEND SONGS ♪
No.8 Potboy: The Final Fantasy
     ↓
トータル18分間のプログレ・メタルです。
この曲では、イントロ2分ほど短縮しています。
ぜひとも聴いてみてくださいね♪



ランキングに参加しております。よろしければクリックして皆さんの
貴重な1票をお願いします。
  ↓
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村




















皆さんこんばんは。
遊びに来てくださいまして、ありがとうございます。
本日も、個人的に好きな曲を紹介します。
アルバム自体は前の記事でレビューしていますので、
そちらを参照してみてくださいね♪


     

        ♪ LALU / ONIRIC METAL ♪

2005年に輸入盤でリリースされた、
フランスのKeyプレイヤー、ヴィヴィアン・ラルー (Key) の
プロジェクト・アルバムとなります。

この人、
日本のアニメやゲームにも詳しい人物らしい。

そして、肝心の音楽ですが、
彼のKeyが、非常に重要な役割を果たしており、
壮大で優雅なプログレ・メタルが全編で聴けます。
バック・ミュージシャンも、
かなりの実力者が揃い、その腕前は文句なしのクオリティです。

ラストの曲は、
18分の超大作でありながら、飽きを感じさせない。
豪華絢爛な出来上がりでございます。
ドラマティックで優雅で、壮大な音楽が楽しめます。


どーして日本発売されない?

♪ RECOMMEND SONGS ♪
No.7 Starwatcher
   ↓
美しく、優雅なプログレ・メタルです。
流石のクオリティだね♪



ランキングに参加しております。よろしければクリックして皆さんの
貴重な1票をお願いします。
  ↓
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村









FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

         メロディアス HMHR

Author:         メロディアス HMHR
♪ 自己紹介 ♪
性別   男
年齢   とうとう30代
都道府県 青森県
現在は神奈川県で勤務
しております

♪ 好きな俳優 ♪
アル・パチーノ
ロバート・デ・ニーロ
エリック・ロバーツ
ダグレイ・スコット
ビリー・ゼイン


♪ 趣味 ♪
・HM/HR鑑賞
・映画鑑賞
 (特にB級映画)
・ひたすら良い音楽や
 映画を探しまくる!
・ドラムを少しだけ♪


♪ アドレス ♪
melodioushardrock0815
@gmail.com


ランキングに参加しております。よろしければクリックして皆さんの貴重な1票をお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村

カテゴリ
検索フォーム