皆さんこんにちは。
遊びに来てくださいましてありがとうございます。
今日は、とっても涼しかったのですが、
やたらと風が強いですな。
それでは、本日オススメの曲はコチラ♪


    
  ♪ SEVENTH KEY (セブンス・キー) ♪
     ♪ LIVE IN ATLANTA ♪


1. Sun Will Rise
2. An Ocean Away
3. If Should Have Been You
4. Sin City
5. Always From The Heart
6. Forsaken
7. You Cross The Line
8. Kid Could Play
9. Only The Brave
10. When Love Is Dying
11. Winds Of War
12. Cold Hearted Woman
13. Storm Rages On (Studio Bonus Track)
14. Remember You Well (Studio Bonus Track)
15. Love Train (Studio Bonus Track)
    ♪ 84点 ♪


♪ 実力派バンドのライブDVD ♪
2005年11月にFrontiersからリリースされた、
KANSASのベーシスト、ビリー・グリアーの
ソロ・プロジェクトによるライブDVDです。
ギタリストのマイク・スラマーの協力を得て、
さらに実力派ヴォーカリスト、テリー・ブロックも
参加。そのクオリティは確かなものがあります。




♪ おっさんばかりだが、レベルは相当高い ♪
そもそもこのSEVENTH KEYというバンド。
当時、自分は地元青森でまだ働いていた頃、
このバンドのデビュー・アルバムを、ホントに「たまたま」
購入したのですが、その楽曲のレベルの高さに
驚かされたものだ。
聴いてすぐにベテランだと分かるその演奏能力は、
そんじょそこらの若手バンドより数段上を行く。



♪ マイク・スラマーのギター・プレイは必見 ♪
そして、このバンドに大きく貢献している
ギタリスト、マイク・スラマーという人物。
この人は今まで多数のバンドやプロジェクトに
関わってきた人物で、ハッキリ言って今までは
何も感じなかったが、
このおっさん、


とんでもないテクニックの持ち主!!

彼のギター・ソロを聴いてみると、
何て言ったらいいのだろう。
とにかく、完璧なソロを弾いてると感じた。
テクニカルなプレイを全面的に出すかと思えば、
抑えてじっくりと聴かせるプレイもある。
その出来栄えは文句なしの素晴らしさだ。
これほどレベルの高い楽曲をプレイできるのだから、
そろそろニュー・アルバムに期待したい。

現在このバンドは3杯のアルバムを
リリースしていますが、3枚とも完成度は高く、
そろそろ4thアルバムに期待したいですな。
アルバムをリリースするたびに円熟味を
増していく彼ら。
ほぼ不可能に近いと思うが、
彼らの生の演奏をこの目で見届けたいものだ。
このまま終わってしまうのは、あまりにも勿体ない。



♪ RECOMMENDED TUNE ♪
♪ No.1 Sun Will Rise ♪
オープニングに相応しい曲です。
爽快なメロディとマイクのギター・プレイがお見事。
歌良し、ギター良し、楽曲良し。




♪ No.7 You Cross The Line ♪
壮大なスケールで放つ、「静」と「動」の緩急が
見事な1曲。
ゆっくりと、じっくりと盛り上がっている展開は
そこらへんの若手バンドではなかなか出来ないだろう。
ベテランの意地と実力を見せ付けた渾身の1曲。





ランキングに参加しております。よろしければクリックして皆さんの
貴重な1票をお願いします。
  ↓
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
皆さんこんばんは。
遊びに来てくださいましてありがとうございます。
今日は雨でしたが、個人的にはこれくらい
涼しいほうがいい。ようやく秋らしい季節が
来たと思いきや、もう冬になるんでしょうね。
それでは、本日オススメの1曲はコチラ♪


     
   ♪ SEVENTH KEY (セヴンス・キー) ♪

ベテランが放つ爽快メロディアス・ハード・ロック。
デビュー・アルバムでいきなり傑作の登場。


 1. The Kid Could Play
 2. Only The Brave
 3. Missy
 4. Surrender
 5. When Love Is Dying
 6. No Man's Land
 7. Every Time It Rains
 8. Home
 9. Forsaken
 10. Prisoner Of Love
 11. Broken Home
         ♪ 85点 ♪


♪ ビリー・グリア × マイク・スラマーの強力タッグ ♪
2001年4月にマーキーからリリースされた、
KANSASのベーシスト、ビリー・グリアが
マイク・スラマー (G) のサポートのもと製作された
メロディアス・プログレ・ハード・バンドの
デビュー・アルバムです。



♪ ビリー・グリアの歌唱力も、申し分なし ♪
正直言って、このビリー・グリアの歌声はこの
アルバムを購入するまでまったく知らなかったのですが、
ちょっぴりハスキーで力強く、Voとしての力量も確かな
ものがある。こんなに上手いとは思ってもいなかった。
そして、音楽ももっとプログレ色が強いと思ったら、
爽快感抜群のストレートなアメリカン・メロディアス・ロックで、
そのクオリティの高さにビックリ。



♪ マイクのギター・プレイは相変わらず絶品 ♪
そして、やはりマイク・スラマーのギター・プレイも
見逃せない。ベテラン・ミュージシャンたちが集まった
だけのことはある。
このCDを購入した当時、このバンドもメンバーのことも
まったく知らないままジャケ買いした記憶がある。
給料のほとんどをCDに費やした時代があった。
そんな中、このバンドに出会った。
ホント、世の中分からないものですな。
彼らは3枚のアルバムをリリースしていますが、
ここ最近目立った活動はしてないと思います。
そろそろ、このバンドの4thアルバムに期待したい。
その魅力と実力は、デビュー・アルバムですでに
証明されたわけだから。



♪ RECOMMENDED TUNE ♪
♪ No.1 The Kid Could Play ♪
1曲目からいきなりのキラー・チューン。
マイク・スラマーの繰り出すテクニカルかつ
エモーショナルなギター・プレイは文句なし。
中間部で聴けるギター・ソロはカッコいいの一言。
これまた素晴らしい曲に出会った♪
(Gソロ 2:31 ~ 3:17)





ランキングに参加しております。よろしければクリックして皆さんの
貴重な1票をお願いします。
  ↓
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
おはよーございます。
遊びに来てくださいましてありがとうございます。
もう11月ですか、今年もあっという間ですな。
残り2ヶ月、悔いのないように頑張りましょう。
それでは、本日オススメの1曲はコチラ♪



 01. I Will Survive
 02. Lay In On The Line
 03. I See You There
 04. It's Just A State Of Mind
 05. Sea Of Dreams
 06. Time And Time Again
 07. When Love Sets You Free
 08. Down
 09. The Only One
 10. What Love's Supposed To Be
 11. I Want It All


  ♪ 85点 ♪

♪ SEVENTH KEY / I WILL SURVIVE ♪

2014年1月にルビコン・ミュージックからリリースされた、
KANSASのベーシスト、ビリー・グリアーが率いる
プログレッシヴ・ハード・ロック・バンド による、
実に10年ぶりの3rdアルバムです。

今回も盟友マイク・スラマーのサポートを得て
製作されただけあって、そのクオリティの高さは
申し分なし。このギタリストのマイク・スラマーという人物は、
STREETSやSteelhouse Lane (スティールハウス・レーン)
というバンドなどで活躍し、その才能と実力をいかんなく
発揮してきた人物。

今回の10年ぶりのアルバムも10年のブランクを感じさせない
その出来栄えは一級品でございます。自分はこのバンドは
2001年にデビュー・アルバムをリリースして間もなく知った。
ギリギリ、マイク・スラマーという人物を知っていたので、
とは言っても、あまり大きな期待をしていなかったのですが、
デビュー・アルバムの1曲目、「The Kid Could Play」という曲を
聴いたときはビックリした。かなりレベルが高かったからだ。
ビリー・グリアの歌だけではなく、マイクのギター・ソロにも
驚嘆させられた。

このマイク・スラマーのギター・プレイは、なんと言ったらいいか
よく分からないのですが、テクニックはもちろんのこと、その
感情豊かでときにはテクニカルに、ときにはエモーショナルに、
とにかく完璧なソロを披露してくれて安心して聴ける。

今回のニュー・アルバムは若干おとなしめの曲が多いと
思いましたが、依然としてハイ・レベルをキープ。
ドラマティックなハード・ロックを軸に、清涼感と爽快感が
絶妙なバランスで導入された、流石はベテランが作る高品質作品。



♪ RECOMMENDED TUNE ♪
♪ No.3 I See You There ♪
この曲、ハッキリ言ってズバ抜けているとはまったく思わない。
コレと言って派手な展開はなく、淡々と曲が進んでいきますが、
でも、なぜだろう? この切なくて美しいメロディは。
ギター・ソロもスリリングな展開はないものの流石はマイク、
見事な腕前だ。そして、ラストはゆっくりと盛り上がっていき、
どこか、ちょっぴり悲しく切ない余韻に浸れる。
コレ、かなりレベル高いかも!!




ランキングに参加しております。よろしければクリックして皆さんの
貴重な1票をお願いします。
  ↓
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

         メロディアス HMHR

Author:         メロディアス HMHR
♪ 自己紹介 ♪
性別   男
年齢   とうとう30代
都道府県 青森県
現在は神奈川県で勤務
しております

♪ 好きな俳優 ♪
アル・パチーノ
ロバート・デ・ニーロ
エリック・ロバーツ
ダグレイ・スコット
ビリー・ゼイン


♪ 趣味 ♪
・HM/HR鑑賞
・映画鑑賞
 (特にB級映画)
・ひたすら良い音楽や
 映画を探しまくる!
・ドラムを少しだけ♪


♪ アドレス ♪
melodioushardrock0815
@gmail.com


ランキングに参加しております。よろしければクリックして皆さんの貴重な1票をお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村

カテゴリ
検索フォーム