皆さんこんばんは。
遊びに来てくださいましてありがとうございます。
最近、いくら寝ても足りないような気がする。
夜勤と日曜出勤の疲れが遅れてきたのだろうか?
体のメンテナンスは大事にしないとダメですな。
それでは、本日はリリースしたばかりのバンドを
紹介します♪


     
  ♪ TEN (テン) / GOTHICA (ゴシカ) ♪

1. The Grail
2. Jekyll And Hyde
3. Travellers
4. Man For All Seasons
5. In My Dreams
6. The Wild King Of Winter
7. Paragon
8. Welcome To The Freak Show
9. La Luna Dra-cu-la
10. Into Darkness

2017年6月21日にマーキーからリリースされた、
ゲイリー・ヒューズ (Vo) 率いるイギリス出身の
メロディアス・ロック・バンド、TENによる実に
2年ぶりのニュー・アルバムでございます。
ミックス/マスタリングはデニス・ワードを迎えています。

正直なところ、このバンドは頑張って活動している
ことは知っていたのですが、ここ数年間はあまり
CDを購入して聴いてなかったのでこのバンドからは
しばらく遠ざかっていましたが、久しぶりに彼らの
新作を聴いてみると、ゲイリー・ヒューズの
ブルージーで味わい深い歌声は今もなお健在だし、
英国らしい哀愁のメロディと、どこか切ない雰囲気が
漂うメロディアス・ロックは、まさしくTENらしい作品と
言えるのかもしれない。

今回はCDを買わせていただきます。
彼らはベテラン・バンドだし、クオリティに関しては
申し分ないと思う。彼らのようなバンドが踏ん張ってこそ、
後続部隊の道がしっかりと出来上がるのかもしれない。



♪ No.9 La Luna Dra-cu-la ♪
イントロからまさしくTENらしい曲だと思います。
ズバ抜けた決定打があるわけではないのですが、
どこまでも切なく、爽やかなメロディが良い。
ただ、
ちょいと気になったのは、
ゲイリー・ヒューズが坊主になっている。
何か反省でもしたわけではないよね?
昔は長髪だったよね?




ランキングに参加しております。よろしければクリックして皆さんの
貴重な1票をお願いします。
  ↓
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
皆さんこんばんは。
遊びに来てくださいましてありがとうございます。
今週もちょいと疲れました。
来月はいよいよ地元に帰って、しばらくお休みをいただきます。
その間はやりたいことがいっぱい。
観たいDVD、聴きたい音楽、読みたい本、などなど。
それでは、本日オススメのアルバムはコチラ♪




 1. The Stranger
 2. Barricade
 3. Give in This Time
 4. Love Became the Law
 5. The Heat
 6. Silent Rain
 7. Timeless
 8. Black Hearted Woman
 9. Thunder in Heaven
 10. Valentine


  ♪ 90点 ♪

♪ TEN (テン) /  BABYLON (バビロン) ♪

2000年8月にユニバーサル・インターナショナルから
リリースされた、英国のメロディアス・ロック・バンドによる
5thアルバムです。
このアルバムではドン・エイリーがKeyを担当しています。

そしてこのアルバムは、雑誌のレビューや日本での評価が
あまり芳しくないみたいでした。その理由として、借用フレーズが
多いとか、パクリとかの指摘が多かったようです。
自分の個人的な意見としては、別に気にしてないし、
似たようなフレーズが多いのは彼らの個性が強く出た
だけなのかなという感じもしますね。

今までTENがリリースしてきたアルバムの中でも
トップ・クラスの完成度だと思うし、ドラマティックな
ハード・ロックから哀愁のバラードまで、このバンドらしい
素晴らしい出来栄えだと思います。
自分は、コレはコレで1つの作品として楽しめました。
いやー、久しぶりに聴いたね♪



♪ RECOMMENDED TUNE ♪
♪ No.1 The Stranger ♪
オープニングに相応しいドラマティックな1曲だと思います。
少々ダークな雰囲気のサビがカッコいいかと。




♪ No.2  Barricade ♪
続く2曲目、カッコいいと思うけど・・・・・。




♪ No.3 Give in This Time ♪
続く3曲目は美しいバラード・ロックです。
単純に良いと思います。この曲にはハマったね。




♪ No.10 Valentine ♪
ラストを飾るバラードは文句なしの美しさ。コレ、ダメかね?




ランキングに参加しております。よろしければクリックして皆さんの貴重な1票を
お願いします。
  ↓
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
皆さんこんばんは。
少々更新が遅れて申し訳なかったです。
部屋の片づけもようやく一段落し、
前から観たかったB級映画を明日から観てみようかなと思います。

次は、
数年前から増え続けてきた領収書や、
書類の整理も明日からやりたいと思います♪

それでは、
本日のオススメのアルバムです。
個人的に大好きな曲があります♪


    
 1. THE ROBE
 2. BRIGHT ON THE BLADE
 3. VIRTUAL REALITY
 4. STANDING ON THE EDGE OF TIME
 5. YOU'RE IN MY HEART
 6. FLY LIKE AN ANGEL
 7. ARCADIA
 8. TEN FATHOMS DEEP
 9. BATTLELINES
 10. SOMEDAY


  ♪ 89点 ♪

♪ TEN (テン) / THE ROBE (ザ・ローブ) ♪

1997年9月にリリースされた、
ゲイリー・ヒューズ( Vo.)率いる、イギリスの
メロディアス・ロック・バンド、
TENによる3rdアルバムでございます。

このバンドは日本でも根強い人気があり、
それとはウラハラに、どういうわけなのか、
本国イギリスではあまり知られていないようです。
日本では絶大な人気を誇る、
いわゆる、"ビッグ・イン・ジャパン" という現象が起きましたね。

ドイツを代表するメロディアス・ロック・バンド、
FAIR WARNINGも、本国ドイツではまったくと言っていいほど
相手にされず、しかし、それとは逆に、
ここ日本では10万枚以上のセールスを記録するなど・・・・・。

個人的に自分が思うに、、
日本という国は、「素晴らしい曲」を聴き分ける能力があり、
「良いものは良い」という単純でありながら、
素晴らしく、そして鋭い感性を持っているのではないかと思います。

要するに、日本という国は、
HM/HRというジャンルも独自のマーケットを保有しており、
海外のバンドも、
「日本のためなら活動を続けたい」と、思っているバンドも少なくない。

実際、
このTENというバンドもその1つではないだろうか?

この3rdアルバムもクオリティはハンパではない。
ミッドテンポの多いアルバムですが、
その堂々たる演奏力と卓越した歌い回しは、
誇り高き英国の実力を見せつけた強力なアルバムに違いない。


彼らのような素晴らしいバンドが、
世界的に評価されないという現実は、何とも歯がゆい。
無念で仕方がない。
何とかできないものだろうか? と、いつも思ってしまう。
しかし、
地道ではあるけれど、
日々、切磋琢磨し、このように素晴らしいアルバムを
リリースしてくれたことに感謝したいね♪



♪ RECOMMEND SONGS ♪
No.5 You're In My Heart
     ↓
絶品のバラードです。心、洗われますな♪



No.6 Fly Like An Eagle
     ↓
メロディアス、ドラマティック、クールなサビ。
個人的には名曲中の名曲だと思います。

これほど素晴らしい曲が売れないとは、泣きたくもなるわ!!



ランキングに参加しております。よろしければクリックして皆さんの
貴重な1票をお願いします。
  ↓
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村





FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

         メロディアス HMHR

Author:         メロディアス HMHR
♪ 自己紹介 ♪
性別   男
年齢   とうとう30代
都道府県 青森県
現在は神奈川県で勤務
しております

♪ 好きな俳優 ♪
アル・パチーノ
ロバート・デ・ニーロ
エリック・ロバーツ
ダグレイ・スコット
ビリー・ゼイン


♪ 趣味 ♪
・HM/HR鑑賞
・映画鑑賞
 (特にB級映画)
・ひたすら良い音楽や
 映画を探しまくる!
・ドラムを少しだけ♪


♪ アドレス ♪
melodioushard0815@
hotmail.co.jp


ランキングに参加しております。よろしければクリックして皆さんの貴重な1票をお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村

カテゴリ
検索フォーム