皆さんこんばんは。
遊びに来てくださいましてありがとうございます。
本日もオススメの曲を紹介します。
この曲を聴いたときの衝撃は何とも言えないものがありました。
非常に素晴らしいのでぜひとも聴いてくださいね♪


     

       OVERLAND  (オーヴァーランド)
       BREAK AWAY (ブレイク・アウェイ)


2008年5月にマーキーからリリースされた、
スティーヴ・オーヴァーランド (Vo) によるソロ・アルバムです。

彼はFMだけではなく、
THE LADDERやSHADOWMANなどのプロジェクトでも
アルバムをリリースしていたし、
アイアン・メイデンやフォリナーのトリビュートなどにも
幅広く参加していたのですが、意外にも
純粋なソロ・アルバムはコレが初めてみたいですね。

このアルバムでは
彼の味わい深く、渋みのあるハスキー・ヴォイスが
堪能出来る素晴らしい作品に仕上がっており、
時にはウェットに、時にはドラマティックに、
そして洗練されたメロディが見事に融合された
ハイ・レベルなメロディアス・ハード・ロックで、
ブリティッシュの奥深さをまざまざと見せつけた超強力アルバムです。

スウェーデンのメロディアス・ハード・ロック・バンド、
GRAND ILLUSION (グランド・イリュージョン) の
アンダース・リンドホルムも全面的にバックアップし、
曲のクオリティ・アップに大いに貢献している。

その他にも、
ドラムにグレッグ・ビソネット、
ギターにはスティーヴ・ニューマンと、ちょっと意外な気もしますが、
なかなか豪華なメンバーが揃いましたね。

そして、注目していただきたい曲は

No.8 " Heartache Calling " という曲。

コレが完璧と言えるほど素晴らしい!!
やってくれるね!!


北欧を彷彿とさせる秀逸なメロディと、
偉大なる英国を代表するスティーヴの見事な歌唱が調和された
見事なナンバーで、
「真の実力者」に相応しい彼がついに本領発揮です!!


どーしてこの曲が評価されない?
この曲を初めて聴いたときは、
「意外なイントロだな」と思っていたのですが、
サビの手前、ブリッジのあたりを聴いた瞬間、
「生きてて良かった!!」とマジで感動してしまった。
泣きのギター・ソロも非常に素晴らしい!!





♪ 最後に ♪
彼は現在も決して世界的に有名なミュージシャンではないし、
ここ日本でも一部のファンしか知らない存在かもしれない。
たぶん、今まで血のにじむような努力を積み重ね、
多くの紆余曲折を経てここまで辿り着いたに違いない、
しかし、
我々の知らない水面下で「見えない努力」をしてきた彼が、
このようにソロ・アルバムをリリースしたとき、
そのクオリティの高さは
そんじょそこらのプロでも到達できないほどレベルが高いのではないか。

時代は変われども、
彼の素晴らしさは決して色褪せないし、それどころか、
ますます輝きを増しているではないか。
その決定打となった曲がこの " Heartache Calling " だと確信した。

まさしく「名曲」と断言できるナンバーだ。
メロディアス・ハード・ロックの真髄、極まったね!!



ランキングに参加しております。よろしければクリックして皆さんの
貴重な1票をお願いします。
  ↓
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村





おはよーございます。
本日もオススメのアルバムを紹介します。
なかなか渋いね!!
将来は、
自分もこんな渋くてカッコいい人になりたいと思います。



 1. This Time
 2. Alive And Kicking
 3. Break Away
 4. Like A River
 5. Look Into Your Eyes
 6. After The Fire
 7. Evangeline
 8. Heartache Calling
 9. Mad Mad World
 10. Lost In Paradise
 11. Rescue Me
 12. Until Forever Comes


  ♪ 87点 ♪

  OVERLAND (オーヴァーランド) 
  BREAK AWAY (ブレイク・アウェイ) 


2008年5月にマーキーからリリースされた、
イギリスを代表する名シンガー、スティーヴ・オーヴァーランドによる
ソロ・アルバムです。

FMのシンガーとして活躍していた彼ですが、
今回は、スウェーデンのメロディアス・ロック・バンド、
GRAND ILLUSION (グランド・イリュージョン) の
アンダース・リドホルムの協力を得て製作され、
決定打はないものの、実に安定したクオリティを誇っている。

個人的には、
No.8は完璧なナンバーで、
メロディアス・ハードとブリティッシュのどこか
懐かしくも渋い哀愁の雰囲気が非常に素晴らしいと思う。

全体的に大人のロック・アルバムに仕上がっており、
その奥深さとブリティッシュ・ロックの真髄が
随所で垣間見られ、リスナーの皆さんの感動を呼ぶ。


この渋さはたまらないね。
どーして彼が評価されない?

♪ RECOMMEND SONGS ♪
No.1 This Time
   ↓
イントロからダークというか、ミステリアスというか。
しかし、このどこまでも渋く歌う彼は実に素晴らしい。
ここまで渋い曲があったかね?



ランキングに参加しております。よろしければクリックして皆さんの
貴重な1票をお願いします。
  ↓
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村









FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

         メロディアス HMHR

Author:         メロディアス HMHR
♪ 自己紹介 ♪
性別   男
年齢   とうとう30代
都道府県 青森県
現在は神奈川県で勤務
しております

♪ 好きな俳優 ♪
アル・パチーノ
ロバート・デ・ニーロ
エリック・ロバーツ
ダグレイ・スコット
ビリー・ゼイン


♪ 趣味 ♪
・HM/HR鑑賞
・映画鑑賞
 (特にB級映画)
・ひたすら良い音楽や
 映画を探しまくる!
・ドラムを少しだけ♪


♪ アドレス ♪
melodioushardrock0815@gmail.com


ランキングに参加しております。よろしければクリックして皆さんの貴重な1票をお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村

カテゴリ
検索フォーム