皆さんおはよーございます。
遊びに来てくださいましてありがとうございます。
12月24日、青森に到着し、その翌日25日には
ハローワークに行き離職票を提出。ここからは
長期休暇に突入します。
現時点で映画は3本鑑賞しました。
この休みの間に何本映画を観て、
メロディアスなバンドをどれくらい開拓できるか?
それでは、本日オススメの1曲はコチラ♪


     THRESHOLD-「LEGENDS-OF-THE-SHIRES」
   ♪ THRESHOLD (スレッショルド) ♪
    ♪ LEGENDS OF THE SHIRES ♪



このブログでも少し前にオススメしていましたが、
2017年9月にワードレコーズからリリースされた、
イギリス出身のブログレ・メタル・バンドによる
11thアルバムです。
このアルバムからVoにグリン・モーガンが20年ぶりに
復帰したことが重要な要素の1つかと。

このバンド、
今までは、「良いが、突き抜けたところがない」という
印象でしたが、本作からはキャッチーなメロディが
充実したハイ・レベルな作品で、個人的にはもしかすると
2017年のベスト・アルバムの最有力候補になるかも。
グリン・モーガンのパワフルな歌声とカール・グルームの
ギター・プレイも素晴らしい。
今回はこのアルバムからじっくりと聴きたくなる1曲をご紹介♪



♪ RECOMMENDED TUNE ♪
♪ No.3 The Man Who Saw Through Time ♪
正直なところ、最初の2分くらい聴いたときには
「なんだ? 歌だけのバラードか?」と思いましたが、
3:18 ~ のあたりからどこか神秘的な展開があり、
非常に興味深い。なるほど、聴けば聴くほど彼らの
世界に引き込まれていくのはやはり彼らのマジックを感じる。
Voも気のせいだろうか? どこかオーストリアのバンド、
セレニティのゲオルグ・ニューハウザーに似ているような。
後半のギター・ソロも充実している。こんなに良い曲だった?
このアルバム、やはり傑作のようだ。






ランキングに参加しております。よろしければクリックして皆さんの
貴重な1票をお願いします。
  ↓
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
皆さんこんばんは。
遊びに来てくださいましてありがとうございます。
どうやら、今回は2連休出来そうです。
久しぶりの連休、滅多にないのでゆっくりしたいと思います。
それでは、本日オススメのアルバムはコチラ♪


      
    ♪ THRESHOLD (スレッショルド) ♪
     ♪ MARCH OF PROGRESS ♪


 派手な展開はないものの、伸びやかな歌声と切ない
 ギター・ソロが魅力的な奥の深いアルバム。


1. Ashes
2. Return Of The Thought Police
3. Staring At The Sun
4. Liberty Complacency Dependency
5. Colophon
6. The Hours
7. That's Why We Came
8. Don't Look Down
9. Coda
10. Rubicon
11. Divinity
            ♪ 85点 ♪


♪ ダミアン・ウィルソン (Vo) が復帰したアルバム ♪
2012年10月に日本コロムビアからリリースされた、
イギリス出身のプログレッシヴ・ロック・バンドによる
9thアルバムです。前任のVoの急死を受け、知らぬ間に
ダミアン・ウィルソン (Vo) がまた復帰しています。



♪ やたらとズバ抜けているわけではないが ♪
このバンドは日本での知名度はまだまだ低いと思うし、
音楽はコレと言ったスリリングな展開もほとんどない。
可もなく不可もなくというような曲が大半を占めている
のですが、伸びやかな歌声と、各々の演奏は抜群の
安定感があるし、ちょいちょい魅力的な展開と充実した
メロディがあるから侮れない。
サウンド・プロダクションもしっかりとしているし、
個人的には、カール・グルームの切ない
ギター・ソロは他のバンドではなかなか聴けないほど
絶品ではないかと思う。



♪ 最新アルバム「LEGENDS OF THE SHIRES」をリリース ♪
このバンドは2017年9月に最新アルバムをリリースしています。
またもやダミアン・ウィルソンが脱退し、1996年に脱退した
グリン・モーガンが20年ぶりに復帰。その最新アルバムは
個人的には過去最高の完成度を誇り、ついに、トップ・クラスに
躍り出たと思った。
紆余曲折を経てようやくここまで辿り着いた彼ら。
時代は変われども、彼らの魅力は決して変わらない。
この最新アルバムで一石を投じて欲しいものだ。



♪ RECOMMENDED TUNE ♪
♪ No.1 Ashes ♪
正直なところ、このアルバムを聴く前はあまり
期待していなかった。しかし、オープニングを飾る
この曲を聴いたときに、
「こんなにレベルが高かった?」と思うほどビックリした。
なかなかいいんじゃないっスか?




♪ No..8 Don't Look Down ♪
個人的には、中間部で聴ける静かな展開が好きだ。
カール・グルームの切ないギター・ソロはお見事。
ダミアン・ウィルソンはこんな声だった?
これまた、素晴らしい1曲に出会えましたな♪





ランキングに参加しております。よろしければクリックして皆さんの
貴重な1票をお願いします。
  ↓
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
皆さんこんばんは。
遊びに来てくださいましてありがとうございます。
今週はちょっと疲れました。明日はゆっくりと
休ませていただきます。
そして、ようやく気温も少しずつ下がり、
体もだんだん動けるようになりました。
30℃を下回るとかなり楽ですな。
それでは、本日は個人的に、
2017年、ベスト・アルバムに選出される可能性大の
アルバムを紹介します♪


     
   ♪ THRESHOLD (スレッショルド) ♪
    ♪ LEGENDS OF THE SHIRES ♪


「化けた」と言っても過言ではない、イギリス出身の
 ベテラン・バンドが放つ注目の11thアルバム。


~ ディスク1 ~
1 The Shire (Part 1)
2 Small Dark Lines
3 The Man Who Saw Through Time
4 Trust the Process
5 Stars and Satellites
6 On the Edge

~ ディスク2 ~
7 The Shire (Part 2)
8 Snowblind
9 Subliminal Freeways
10 State of Independence
11 Superior Machine
12 The Shire (Part 3)
13 Lost in Translation
14 Swallowed



♪ 30年近いキャリアを誇る、ベテラン・バンド ♪
2017年9月にワードレコーズからリリースされた、
イギリス出身のブログレ・メタル・バンド、
スレッショルドによる11枚目のニュー・アルバムです。
このバンドが結成されたのは1988年のこと、もう
30年近いキャリアを誇るベテラン・バンドであります。



♪ 初期に活動していた、グリン・モーガン (Vo)が復帰 ♪
このバンド、シンガーが何度か出入りがありましたが、
長年、Voを務めてきたダミアン・ウィルソンが脱退し、
1994年、1995年あたりで活動してきたグリン・モーガンが
約20年ぶりに復帰していることはなんとも興味深い。
この人、自分はまったく知らない人物ですが、どうやら、
アイアン・メイデンのブルース・ディッキンソンの後任
オーディションで最終選考まで残ったという人物らしく、
その歌唱力は確かなものがある。
彼の歌声を聴いてみると、こちらのバンドのほうが
相性が合っているのではないかと思います。



♪ メロディがこれでもかと言わんばかりに充実 ♪
正直なところ、
今までのアルバムは、
個人的には
「レベルは高いが決定打が足りない」
ような感じがしていました。
しかし、本作で聴ける音楽は、
キャッチーなメロディと気分が高揚するサビが
備わった高品質の楽曲がズラリと並び、
DREAM THEATERのような派手な展開はないものの、
Voと楽器の演奏がバランス良く融合された
メロディアスなメタルは、過去最高の出来栄えと言っていい。



♪ 個人的には2017年、ベスト・アルバムの最有力候補 ♪
重厚でメタリックな曲から、メロディアス・ハードにも
通じるキャッチーな曲まで、さらにはヘヴィなギター・プレイと
シンフォニックの要素も適度に導入されているのはなんとも
心憎いばかり。
ツボを押さえたカール・グルームのギター・ソロも絶品。
アルバムのジャケットも、どこか英国を彷彿とさせる。

2017年、
ベスト・アルバムの最有力候補に、
このTHRESHOLD (スレッショルド) が名乗りを上げた。
今までのアルバムもレベルは高かったが、
ついに、「化けた」と言ってもいいのかもしれない。
これほど素晴らしいアルバムを作り上げたのだから
レコード会社はぜひとも来日をサポートしてほしい。
このアルバムに出会えて本当に良かった♪



♪ No.2 Small Dark Lines ♪
アグレッシヴでありながらもキャッチーなサビが
際立つ、個人的にはメロディアス・ハードにも通じる1曲。
グリン・モーガンの歌唱力も申し分なし。
これぞ、必殺キラー・チューン。




♪ No.5 Stars and Satellites ♪
アルバムのジャケットの通り、奥深い自然を彷彿とさせる
英国ならではのウェットでメロディアスな1曲。
美しいサビに中間部の切ないギター・ソロはお見事の一言。
真冬の夜に目を閉じながらじっくりと聴いてみたい。
彼らの深遠な音世界に引き込まれていくようだ。
これまた、素晴らしい曲に出会えましたな♪






ランキングに参加しております。よろしければクリックして皆さんの
貴重な1票をお願いします。
  ↓
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

         メロディアス HMHR

Author:         メロディアス HMHR
♪ 自己紹介 ♪
性別   男
年齢   とうとう30代
都道府県 青森県
現在は神奈川県で勤務
しております

♪ 好きな俳優 ♪
アル・パチーノ
ロバート・デ・ニーロ
エリック・ロバーツ
ダグレイ・スコット
ビリー・ゼイン


♪ 趣味 ♪
・HM/HR鑑賞
・映画鑑賞
 (特にB級映画)
・ひたすら良い音楽や
 映画を探しまくる!
・ドラムを少しだけ♪


♪ アドレス ♪
melodioushardrock0815
@gmail.com


ランキングに参加しております。よろしければクリックして皆さんの貴重な1票をお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村

カテゴリ
検索フォーム