皆さんおはよーございます。
遊びに来てくださいましてありがとうございます。
また来週から夜の仕事があります。
たまには他の人に出てほしいね。
それでは、本日オススメのアルバムはこちら♪





 01. Nail It To The Wall
 02. One Small Voice
 03. It's Forever
 04. Walk Away
 05. Fight For My Life
 06. The Reason
 07. Johnny's Running
 08. Nightwinds
 09. For Getting Over Us
 10. Winding Road
 11. Flowerlove


 ♪ 85点 ♪

♪ S.I.N / EQUILIBRIUM (イクリブリウム) ♪

2005年8月にマーキーからリリースされた、
ドイツ出身のメロディアス・ハード・ロック・バンドによる
2ndアルバムです。
デビュー・アルバムが輸入盤市場で好評を博し、
その勢いに乗って日本発売されました。

今回も非常に優れたアルバムとなっており、
1つだけ言わせてもらうと、
キラー・チューンが見当たらなかったことは少々残念ですが、
それでも、確かな演奏力と
ジェイソン・マークスの抜群の歌唱力を武器に
依然としてハイ・レベルをキープしております。

デビュー・アルバムに続いて、
しっとりと哀愁の叙情的な要素を帯びた
骨太なハード・ロックを展開しており、
これほどのクオリティならば
もっと日本では評価されてもおかしくないと思いますね。
残念ながら
Voのジェイソンがこのアルバムを最後に脱退します。



♪ RECOMMENDED TUNE ♪
No.9 For Getting Over Us
   ↓
じっくりと聴きたくなるバラードです。癒されるね。



ランキングに参加しております。よろしければクリックして皆さんの
貴重な1票をお願いします。
  ↓
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
皆さんおはよーございます。
遊びに来てくださいましてありがとうございます。
本日は1日中雨でございます。
久しぶりに現場が中止になりましたので、
こんなしっとりとした曲はいかがですか?



  1. Crucify
  2. Alone
  3. Freak
  4. Invisible
  5. Lost
  6. Undecided
  7. Smashed
  8. Pretender
  9. Slightly out of reach
  10. Oblivious
  11. In too deep
  12. Drained


 ♪ 87点 ♪

♪ JAMES LABRIE / ELEMENTS OF PERSUASION ♪

2005年4月にマーキーからリリースされた、
DREAM THEATERのジェイムズ・ラヴリエによる
ソロ・アルバムでございます。

前にも「マルマズラー」という名義でアルバムをリリースしていたし、
今回はソロ名義でのリリースですが、コレがなかなかの完成度で、
彼がいかに重要な人物なのかよく分かる。

DTとはまた異なる世界観を構築することに成功し、
その彼らしいエモーショナルな歌声は説得力抜群。
そして、
マルコ・スフォーリのギター・プレイ、コレが素晴らしい!!
彼はイタリア出身のギタリストですが、
その類まれなるセンスと実力を兼ね備えており、
もっともっと有名になってもまったくおかしくない。

DTのようなスリリングな展開はほとんどないものの、
バラードに関しては、DTを上回っていると思う。
多彩な歌い回しが出来るジェイムズだからこそだろうか。
このアルバムは聴く価値大アリ。


♪ RECOMMENDED TUNE ♪
No.7 Smashed
   ↓
コレがなかなか良い!!
独特の雰囲気が楽しめます。



No.9  Slightly out of reach
   ↓
バラードを極めたね!!
マルコのギター・ソロがとっても素晴らしい!!




ランキングに参加しております。よろしければクリックして皆さんの
貴重な1票をお願いします。
  ↓
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
おはよーございます。
更新が遅くなって申し訳ないです。
夜の仕事が連続で続き、つい先ほど終了。
とりあえず一段落しましたので、寝る前に
更新をします。
本日、オススメのアルバムはこちら♪



  1. Greed
  2. War On Animals
  3. Tatonka
  4. Mirror Prison
  5. Deep Blue
  6. Bast
  7. Momento
  8. Follow The Line
  9. Slaughtered
  10. Revelations


 ♪ 88点 ♪

 ♪ LALU / ATOMIC ARK ♪

2013年9月にリリースされた、
フランス人Key奏者、ヴィヴィアン・ラルーの
ソロ・プロジェクトによる2ndアルバムでございます。

まずメンバーが相当なツワ者集団です!!
マーティン・レマー   (MEKONG DELTA) 
マイク・レポンド    (SYMPHONY X)
シモーネ・ムラローニ  (DGM)
ヴァージル・ドナーティ (PLANET X)
そして、ゲスト参加として
ジョーダン・ルーデス (DREAM THEATER)
さらに、
ジョープ・ウォルターズ (G) という人物、この人、
オランダ出身の技巧派ギタリストなのですが、やたら上手い!!

前作、「ONILIC METAL」 も実力者が集まった
素晴らしいアルバムでしたが、今回は、Voのマーティン以外を
一新しての2ndアルバムです。

ラストの曲以外はとってもコンパクトにまとめられており、
個人的にはもう少しメリハリが欲しかった気もしますが、
確かな演奏力と抜群の歌い回しが聴く者を魅了し、
確かな手ごたえを感じ取ることが出来るのではないかと思います。

このヴィヴィアン・ラルー (Key) の音楽は、何と言っても
「優雅」という言葉がピッタリかなと思います。
今回のアルバムではその要素がさらに増していき、
じっくりと聴きたくなる音楽ばかりで、彼のマジックを感じますね。

どーしてコレが日本発売されない?

♪ RECOMMENDED TUNE ♪
No.10  Revelations
   ↓
なんと、19分超えの壮大なプログレ・メタルです。

コレが非常に素晴らしい!!
やたらとスリリングな展開はないものの、
マーティンの力強くも繊細なヴォーカル、
文句なしのギター・プレイ、
ヴァージルのテクニカルなドラム・プレイ、
このような曲に出会える機会はなかなかないと思いますよ。

10:55 ~ 11:40 のギター・ソロがとっても素晴らしい!!
そして、
12:18 ~ 12:32 のマーティンのVoがお見事!!



ランキングに参加しております。よろしければクリックして皆さんの
貴重な1票をお願いします。
  ↓
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
おはよーございます。
遊びに来てくださいましてありがとうございます。
最近では新規のお客様が励ましのメールをしてくださったり、
コメントに投稿してくださるなどなど、
大変ありがたい気持ちでございます。
それでは、本日オススメのアルバムはこちら♪



 1. B.O.D
 2. Arms Of Misery
 3. A Little Bit
 4. Captured By The Moment
 5. Just Imagine
 6. Story Of Life
 7. Human Being?
 8. Color Me
 9. Catch The Feeling
 10. Keep Me Alive
 11. My Fall
 12. By Your Side
 13. Constant
 14. Bark At The Moon

  ♪ 88点 ♪

♪ DEGREED (ディグリード) / LIFE LOVE LOSS ♪

2011年5月にスピニングからリリースされた、
スウェーデン出身のメロディアス・ロック・バンドによる
デビュー・アルバムでございます。


♪ ルーツを辿ってみると・・・・・ ♪
スウェーデンのストックホルム音楽学校に通う
ロビン・エリクソン (Vo、B)
マッツ・エリクソン (Ds)
ダニエル・ヨハンソン (G)
によるメンバーで2005年に結成され、
2006年の音楽コンテストで北欧地区大会で優勝。
約8000バンド中の21バンドのみの世界大会に出場し第10位を獲得。
さらに2007年、
ミカエル・ヤンソン (Key) とイェスパー・アデフォルト (G) が加入。
2011年に日本デビューを果たす。
                      (スピニングHP より)


なるほど、
デビューは2005年ですが、
それまでに大会に出場したり、メンバーの加入など
いろいろあってCDデビューが2011年になったということですか。
そして、本日紹介するこのアルバムですが、


コレがとっても素晴らしい!!

2005年のデビューから切磋琢磨してきたのか、
新人とは思えぬほどのハイ・クオリティなアルバムで、
モダンな要素も含みながらフックのあるメロディが
次から次へと繰り出される楽曲がズラリと並び、
曲を聴き終えたあとの何とも言えないこの爽快感。
捨て曲なしの傑作でございます。


彼らはデビュー・アルバムにして
一気に北欧メロディアス・ロックのトップに躍り出た。
力強い歌声と巧みな演奏を珠玉のメロディに乗せたその音楽は
世界的にヒットしてもおかしくないほどの完成度。
将来の活躍が楽しみなバンドがまた1つ誕生した。
もはやベテランの貫録さえ漂う充実の1枚。

若いってイイね!!


♪ RECOMMENDED TUNE ♪
No.13 Constant
   ↓
コレが日本盤ボーナス・トラックとは思えないほど素晴らしい!!
コレならシングル・カットされてもおかしくない。
イントロから超カッコいい!! やっぱり若いね!!





ランキングに参加しております。よろしければクリックして皆さんの
貴重な1票をお願いします。
  ↓
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
どうもこんにちは。
G・W に突入でございます♪
本日もオススメのアルバムを紹介します。
あまりにも久しぶりだったので、
すっかり忘れてしまっていたバンドです。


 01 – Intro
 02 – The End
 03 – Everything’s Falling
 04 – Manager’s Wish
 05 – A Truly Gifted Man
 06 – Presentation
 07 – Look At The Freak
 08 – Argument
 09 – Confrontation
 10 – A Mother’s Love
 11 – The Funniest Man Alive
 12 – Scared [Japanese Bonus Track]
 13 – A Failed Escape Attempt
 14 – Lady In White
 15 – Freak Of Nature

  ♪ 89点 ♪

♪ A.C.T (アクト) / CIRCUS PANDEMONIUM ♪

2014年2月にマーキーからリリースされた、
スウェーデン出身のプログレ・ハード・ポップ・バンドによる
実に8年ぶりの5thアルバムです。

この8年間、彼らは何をしていたのだろうか?
すっかり存在すら忘れていたバンドだったのですが、
今回のニュー・アルバムは、その8年間の空白を
すっかり吹き飛ばすほどの素晴らしいアルバムで、
たぶん、過去最高の完成度だと思います。

アルバムのタイトル通り、
サーカス感満載のプログレ・ハード・ポップで、
メロディアスかつドラマティック、かつコンパクトに
まとめられたニュー・アルバムは、
説得力、爽快感抜群の曲がズラリと並び、待った甲斐の
ある作品に仕上がっております。

QUEENを彷彿とさせるコーラスも多用されており、
彼ら独自の世界観を構築することに成功した傑作です。
聴けば聴くほど円熟味を増していき、知らぬ間にハマッている。
まさかここまで完成度が高いとはね。素晴らしい!!



♪ RECOMMENDED TUNE ♪
No.3  Everything’s Falling
   ↓
サビを聴いた瞬間、
「こんなに良い曲だったの?」と思ってしまった。
見事なコーラスワークですな♪




ランキングに参加しております。よろしければクリックして皆さんの
貴重な1票をお願いします。
  ↓
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

         メロディアス HMHR

Author:         メロディアス HMHR
♪ 自己紹介 ♪
性別   男
年齢   とうとう30代
都道府県 青森県
現在は神奈川県で勤務
しております

♪ 好きな俳優 ♪
アル・パチーノ
ロバート・デ・ニーロ
エリック・ロバーツ
ダグレイ・スコット
ビリー・ゼイン


♪ 趣味 ♪
・HM/HR鑑賞
・映画鑑賞
 (特にB級映画)
・ひたすら良い音楽や
 映画を探しまくる!
・ドラムを少しだけ♪


♪ アドレス ♪
melodioushardrock0815@gmail.com


ランキングに参加しております。よろしければクリックして皆さんの貴重な1票をお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村

カテゴリ
検索フォーム