皆さんおはよーございます。
遊びに来てくださいましてありがとうございます。
更新が少々遅くなりました。
本日は、ついさきほど注文したCDがありましたので、
そちらを紹介したいと思います。
ついでに、そのヴォーカリストのアルバムを総まとめします♪


 1. Ready for the ride
 2. Heaven right here
 3. It takes a man
 4. Why
  (Finnish Eurouision Winner 2005)
 5. The boys in the backseat
   with Christian Forss
 6. I don't wanna throw it all away
 7. Tonight's the night
 8. My one and only love
   with Nina Tapio
 9. You found love
 10. I don't need to say
 11. All alone (Uten de)
   with Robert Wells
 12. You're the voice-live 
    with Robert Wells &
   Rhapsody Symphony Orchestra
 13. Victory (Bonus track)

♪ GEIR RONNING / READY FOR THE RIDE ♪

2005年あたりにリリースされた、イエア・ロニング (Vo) の
ソロ・アルバムです。

この人、たぶん日本ではほとんど知られていない
人物だと思いますが、個人的には彼の歌声は大好きで、
ハード・ロックからAORまで歌いこなせる実力者だと思います。
このイエア・ロニングと言えば、マニアの方ならご存知だと思いますが、
北欧メロディアス・ロックの職人、トミー・デナンダー (G) とコンビを
組んだり、様々なプロジェクトやトリビュート・アルバムにも
参加をするなど、けっこう精力的に活動している人物でもあります。

このアルバムで聴ける音楽は、
派手な展開はないものの、彼の素晴らしい歌声を
じっくりと聴かせてくれる、大人のポップス / AOR に
仕上がっており、少々物足りない感じもしますが、
コレはコレで良い作品だと思います。
ライトなポップスからシンプルなバラードまで網羅された
バランスの良い、彼の可能性をまた1つ発見した充実の1枚。



♪ RECOMMENDED TUNE ♪
♪ No.8 My one and only love ♪
シンプルなバラードです。
彼の歌声をじっくりと堪能することが出来る1曲。




♪ PRISONER / Don't Wanna Waste Another Minute ♪
2000年9月にマーキーからリリースされた、
トミー・デナンダー率いるメロディアス・ロック・バンド、
プリズナーによるデビュー・アルバムからの選曲です。
イエア・ロニングのマイルドなVoとトミーのテクニカルな
ギター・ソロが冴え渡る渾身の1曲。




♪ RADIOACTIVE / Don't Give Up ♪
2003年7月にキング・レコードからリリースされた、
トミー・デナンダー主催のプロジェクト、
レディオアクティヴの2ndアルバム「YEAH!」からの選曲です。
ここでのイエア・ロニングは落ち着きのある堂々たる歌唱力を披露。
その持ち味を存分に発揮している1曲。




♪ Desert Island ♪
2003年1月にマーキーからリリースされた、
ジェイソン・ベッカーのトリビュート・アルバム第二弾
からの選曲となります。
豪華ゲスト・ミュージシャンたちが集まったこのアルバムから
トミー・デナンダーがこの曲でオープニングを飾っています。
イエア・ロニングの力強いVoと中間部で聴くことができる
トミー・デナンダーのテクニカルなギター・ソロは圧巻の一言!!
オリジナルにまったく引けを取ってない完成度。





ランキングに参加しております。よろしければクリックして皆さんの
貴重な1票をお願いします。
  ↓
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
皆さんこんばんは。
遊びに来てくださいましてありがとうございます。
少しずつ暖かくなってきましたな。
それでは本日、オススメの1曲はコチラ♪





 1.NO TURNING BACK
 2.THE END OF DAYS
 3.WHAT MY EYES HAVE SEEN
 4.FAR BEYOND ILLUSION
 5.MIND OVER FEAR
 6.FLIGHT OF ICARUS
 7.AFTERLIFE
 8.LOST ALONG THE WAY
 9.TEMPLES OF GOLD
 10.QUIET DESPERATION
 11.MAN ON THE SILVER MOUNTAIN


  ♪ 84点 ♪

♪ MAGNITUDE 9 / REALITY IN FOCUS ♪

2001年1月にマーキーからリリースされた、
ロブ・ジョンソン (G) 率いるアメリカの
プログレHM/HRバンドの2ndアルバムです。

ブログの記事のタイトル通り、
ズバ抜けているわけではないのですが、
演奏は巧いし、ロブ・ジョンソンの
中間部で聴けるギター・ソロは一聴の価値アリです♪

全体的にダークな仕上がりになっていると思いますが、
メロディもそれなりで、歌唱力も申し分ないと感じます。
あとは、キラー・チューンが1曲でもあれば良かったのかも。
なかなか憎めないバンドかな♪



♪ RECOMMENDED TUNE♪
♪ No.3 What My Eyes Have Seen ♪
イントロがとってもクール。 ギター・ソロも秀逸。




ランキングに参加しております。よろしければクリックして皆さんの
貴重な1票をお願いします。
  ↓
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
皆さんこんばんは。
遊びに来てくださいましてありがとうございます。
ここ最近は寒さもかなり和らぎ、
これから暖かくなる季節。
その時期に最も相応しいアルバムを
総まとめします!!
それでは、まずは何といっても
OPEN SKYZやSTREET TALKなどで、
その素晴らしい声を見事に披露してくれた
HUGO (ヒューゴ) のアルバムを一気にご紹介♪


      
        ♪ HUGO ♪
1997年4月にあのゼロ・コーポレーションというレコード会社から
リリースされた、ヒューゴのデビュー・アルバムです。
このアルバムがとんでもない完成度の高さで、あの
産業ロックの帝王、JOURNEYを上回るのかと思えるほどの素晴らしさ!!
彼の甘い歌声はまさしく、メロディアス・ハード・ロックの
ジャンルにピッタリの声だと思うし、これほど素晴らしいアルバムが
どーして世界的にも大ヒットしないのか、不思議でならない。


♪ RECOMMENDED TUNE ♪
♪ No.2 We'll Find A Way ♪
爽快メロディアス・ロックの真髄、ここに極まる!!






      
 ♪ TIME ON EARTH (タイム・オン・アース) ♪
2000年2月にEMIミュージック・ジャパンから
リリースされた、2ndアルバムです。
清涼感溢れるメロディアス・ロック / ポップスは
本作でも健在。その持ち味を存分に発揮しています。
今どき、古臭いと言われるかもしれませんが、
あくまでも大切なのは曲の良さだと思うし、
このアルバムでもそれが証明された1枚だと思います♪


♪ RECOMMENDED TUNE ♪
♪ No.2 Tell It to My Heart ♪
爽快感抜群の秀逸なメロディアス・ロックでございます。
イントロから良い曲だと予感させられますな。




♪ No.3 Last One More Time ♪
結婚式に使いなさい!!







      
     ♪ FIRE IN THE NIGHT ♪
2004年7月にマーキーからリリースされた
3rdアルバムでございます。
デビュー・アルバムの完成度ほどではないのですが、
このアルバムでも爽快感抜群のロックやバラードが
堪能できる力作に仕上がっております。
落ち着いてじっくりと聴きたくなる1枚だと思います♪


♪ RECOMMENDED TUNE ♪
♪ No.5 I'll Learn To Live Without You ♪
リラックス・ムード満点のバラードです。
目を閉じて、じっくりと聴きたくなるね♪




ランキングに参加しております。よろしければクリックして皆さんの
貴重な1票をお願いします。
  ↓
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
皆さんこんばんは。
遊びに来てくださいましてありがとうございます。
本日は、気になるニュー・アルバムということで、
3月25日に発売される
オランダ出身のメロディアス・ロック・バンド、
TERRA NOVA (テラ・ノヴァ) のアルバムを
一足先にご紹介します。こりゃ要チェックだね♪




 1. Meltdown
 2. Shadow Man
 3. Broken
 4. Promises
 5. Jenna
 6. Rock Army
 7. Reinvent Yourself
 8. Expectations
 9. Reincarnation
 10. The Freeway To Our Destiny
 11. Till The End.

♪ TERRA NOVA / REINVENT YOURSELF ♪

3月25日にキング・レコードからリリースされる、
オランダ出身のメロディアス・ロック・バンド、
TERRA NOVA (テラ・ノヴァ) の6thアルバムです。

彼らはレコード会社から思うようなサポートを
なかなか得られず、3枚の名盤を残し一度解散。
AQUILA (アクイラ) 名義で活動し、2005年にアルバム
「エスケイプ」を発表し、ついに復活を果たします。
そして、2010年に「COME ALIVE」をリリースしますが、
そのあとは、彼らの情報はほとんど入ってこないまま
一体どーなるのかと思いましたが、
紆余曲折を経て、幾多の困難を乗り越えて、
こうして彼らはニュー・アルバムを引っ提げて
戻ってきてくれたことは本当にありがたいことだ。

オランダと言えば、
ロビー・ヴァレンタイン、ヴァレンシアなどの
イメージが強いのかもしれない。
メタルではELEGY (エレジー) のイアン・パリーという
超絶シンガーも印象が強いのでは?
そして、メロディアス・ハードというジャンルでは
やはり、このTERRA NOVAがトップではないだろうか?

彼らの音楽は温もりが感じられ、
目を閉じてじっくりと聴いてみると
心が研ぎ澄まされ、癒される。
これぞTERRA NOVA、
これぞフレッド・ヘンドリックス本領発揮!!


正直言って、
彼らは世界的に成功を収めたバンドではないし、
日本のファンのサポートがなければ、もしかすると
自然消滅や本当の意味での解散もあったかもしれない。

いつの時代も「音楽」というものは流行があると思う。
その流行を利用して大ヒットしたバンドも数多く存在しますが、
しかし、このTERRA NOVAというバンドはあくまでも「曲の良さ」で
勝負する、勝負出来るバンドだと思っているし、事実、
そのクオリティは申し分ないハズだ。


時代は変わっても、彼らの魅力は変わらない。
中心人物のフレッド・ヘンドリックスのVoは
抜群の説得力があり、私たちに癒しと温もりを与えてくれる。
音楽に対してはとんでもない情熱の持ち主なのかもしれない。
機会があれば、ぜひともCDを購入して聴いていただきたい。
彼らは、その期待に応えることが出来る魅力的なバンドなのだから。



♪ No.5 Jenna ♪
癒されること間違いなし!! こりゃ絶対に買わないとね!!




ランキングに参加しております。よろしければクリックして皆さんの
貴重な1票をお願いします。
  ↓
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
皆さんこんばんは。
遊びに来てくださいましてありがとうございます。
少々更新が遅くなってしまいましたが、
本日、オススメのアルバムはコチラ♪





 01. The Seventh Sign
 02. Riot
 03. Pray For Rain
 04. Nightmare
 05. Tomorrow
 06. The Man In The Mirror
 07. Killing Fields
 08. Into The Fire


  ♪ 85点 ♪

♪ SECTION A / THE SEVENTH SIGN ♪

2003年6月にマーキーからリリースされた、
デンマーク出身のテクニカル・ギタリスト、
トーベン・エネヴォルドセン率いるプログレ・メタル・バンドの
デビュー・アルバムです。

Voには元LION'S SHAREのアンディ・エングベルグ、
Drにはドイツを代表するプログレ・メタル・バンド、
VANDED PLAS のアンドレアス・リル、
そして、この主要メンバー3人の他に、
デレク・シェリニアンやギュンター・ヴェルノらが
ゲスト参加、楽曲の盛り上げに大きく貢献しています。

音楽性としては、難解さはさほど感じられず、
オーソドックスなプログレ・HM/HRに仕上がっております。
正直言って、コレと言った決定打に欠けると感じましたが、
中間部で聴けるテクニカルなギター・ソロはなかなかの聴きごたえ。
Voも予想以上に上手く、もっとクセがあると思ったのですが、
クリアな声で非常に聴きやすい。
とにかく、トーベンのギター・プレイは一聴の価値アリ!!



♪ RECOMMENDED TUNE ♪
♪ No.4 Nightmare ♪
軽快なリズムにテクニカルかつエモーショナルな
ギター・プレイが印象的な曲です。こりゃ聴きやすい!!





ランキングに参加しております。よろしければクリックして皆さんの
貴重な1票をお願いします。
  ↓
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
皆さんこんばんは。
遊びに来てくださいましてありがとうございます。
このブログを立ち上げてから早いもので4年以上の
月日が流れ、様々なバンドを紹介してまいりましたが、
この辺りで、一度ブログの記事を整理整頓しようと思いまして、
このように一気に総まとめという形で書かせてもらっています。
重複する内容もありますが、過去のアルバムと新しいアルバムと
交互に紹介してまいりますのでどうぞ宜しくお願い致します♪
本日は、
フィンランド出身のメロディアス・ロック・バンド、
URBAN TALE (アーバン・テイル) がリリースした
アルバム2枚を総まとめで紹介します!!


     
       ♪ URBAN TALE ♪
2001年7月にマーキーからリリースされた、
ボーナス・トラック1曲を含むデビュー・アルバムです。
産業ロックの帝王、JOURNEYを彷彿とさせる
爽快感抜群のメロディアス・ロック / AORに仕上がっており、
デビュー作からいきなり傑作を作り出しました。
マイルドなキモ・ブロムのVoと、キラキラと輝くKeyが
実に心地よい洗練された充実の1枚。


♪ RECOMMENDED TUNE ♪
♪ No.2 Passion Takes Over ♪
メロディアス・ポップスのお手本的な曲です。




♪ No.4 King Of Hearts ♪
しっとりとしたメロディと優しさが感じられる珠玉のAORです。




♪ No.5 One Day (Ill Make You Mine) ♪ 
これぞ、珠玉のバラードなり!!






     urban_tale-signs_of_times-front.jpg
♪ SIGNS OF TIMES (サインズ・オブ・タイムズ) ♪
2003年1月にリリースされた2ndアルバムです。
メロディが少々減退し、若干ハードな仕上がりだと感じました。
もちろん、コレはコレでレベルが高いのですが、
決定打に欠けるという印象も残るかも。


♪ RECOMMENDED TUNE ♪
♪ No.1 Starship Of Giants ♪
オープニングを飾る曲です。
このキャッチーなサビは気分が高揚すること間違いなし!!






     510sm1hP+UL.jpg
   ♪ HEARTPLAY / WHERE THE DEADENDS MEETS ♪
こちらのアルバムは、アーバン・テイルではありませんが、
Voのキモ・ブロムが在籍しているもう1つのバンドとなります。
このアルバムは2004年にリリースされていますが、
日本発売はされておりません。
ここで聴ける音楽は、都会的な大人のAOR / ポップスで
ハードな要素はほとんど感じられず、落ち着きのある、
じっくりと聴きたくなるアルバムです。コレはコレで良い。


♪ RECOMMENDED TUNE ♪
♪ No.2 That Kind Of Girl ♪
この、ちょっぴり切ない感じがまた良い。




現在、URBAN TALE は
ほとんど目立った活動はしていないみたいですが、
Voのキモ・ブロムは、
URBAN TALE のアルバム2枚、HEARTPLAY のアルバム2枚、
2013年にリリースされた、
CHARMING GRACE (チャーミング・グレイス) の
アルバムにも参加しているということで、活動はしている模様。
ぜひともURBAN TALE の3rdアルバムをリリースしてほしいですな♪


ランキングに参加しております。よろしければクリックして皆さんの
貴重な1票をお願いします。
  ↓
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
皆さんこんばんは。
遊びに来てくださいましてありがとうございます。
さて、いきなりですが、
自分が大好きなメロディアス・ロック・バンドの1つ、
DEPARTURE (ディパーチャー) を紹介したところ、
ありがたいコメントやメールを予想以上に多く
頂きましたので、もしかすると、このバンドを
知らない人も多くいらっしゃるかもしれないということで、
本日は、彼らがリリースした過去4枚のアルバムを
一気に紹介します!!
もちろん、ここに紹介した曲は

絶対オススメ、一聴の価値大アリです!!

このバンドは、アルバムをリリースするたびに
Voが交代し、不安定な状態が続いてきました。
そして、90年代に突入すると
グランジ/オルタナティヴ・ロックの時代が到来し、
2000年代になってもその勢いは止まることを知らず、
メロディアスHM/HRの多くのバンドたちは完全に行き場を
失っていきます。
しかし、このDEPARTUREというバンドを立ち上げた
マイク・ウォルシュという人物はマルチ・プレイヤーとして、
数多くのバンドに携わってきました、
要するに彼は、その実力とセンスを高く評価され、
多くのミュージシャンたちに頼られていたということです。
その彼が裏方の仕事からついに表舞台に立ったとき、
他のバンドではなかなか到達できないほどの魅力と完成度を
兼ね備えた、説得力抜群のメロディアス・ロックが、この
4枚のアルバムに凝縮されているわけです。
時代は変化しても、彼らの魅力は決して変わらない。
願わくば、ニュー・アルバムを製作してアルバムをリリースしてほしい。
それほど彼の音楽は素晴らしいのだから。


     
       ♪ DEPARTURE ♪
2000年3月にマーキーからリリースされた、
マイク・ウォルシュ率いる記念すべきデビュー・アルバムです。
1stからいきなりメロディアス・ロックの歴史に残る
傑作を作り出した、これぞ恐るべき完成度。
ケニー・マイケルズ (Vo) のハイトーン・ヴォイスが
全編で炸裂し、捨て曲なし、文句なしの名盤の登場です!!


♪ RECOMMENDED TUNE ♪
♪ No.3 The Way You Show Your Love ♪
ケニー・マイケルズ (Vo) の堂々たる歌いっぷりには鳥肌がたったね!!

バラードの真髄、ここに極まる!!



♪ No.4 Tonight's The Night ♪
しつこいようですが、ケニー・マイケルズって、
ホントに歌が上手い。このキャッチーなサビは完璧!!






     
      ♪ OPEN YOUR MIND ♪
2000年2月にマーキーからリリースされた
2ndアルバムです。
Voがデイヴ・ボールドウィンにチェンジしましたが、
彼もまた伸びやかでクリア声の持ち主で、
デビュー・アルバムにまったく引けを取らない素晴らしさ!!
この2ndアルバムも自信を持ってオススメ出来る傑作です!!


♪ RECOMMENDED TUNE ♪
♪ No.2 Believer ♪
コレもまた素晴らしい!!
メロディアス・ハード・ロックの1つの理想形とも言えるのでは?




♪ No.4 100 Midnights ♪
クリスタルな輝きを放つ美しいメロディと、
ちょっぴり切ない雰囲気がたまらない秀逸な曲です!!






     
♪ CORPORATE WHEEL (コーポレート・ホイール) ♪
2002年12月にマーキーからリリースされた、
3rdアルバムとなります。
またVoがティモシー・ルイスにチェンジしています。
しかし、彼の歌声もまた良い。
産業ロックが大好きな人は間違いなく聴いて損なし!!
アルバムをリリースするたびにVoが交代するのは
少々残念ですが、ここまで完成度の高いアルバムを
作ることが出来るバンドは、世界広しと言えどもなかなかないね。


♪ RECOMMENDED TUNE ♪
♪ No.2 Corporate Wheel ♪
アルバムのタイトルでもあるこの曲は、
爽快感抜群のメロディアス・ロックに仕上がっております。
クセのない、伸びやかなVoに注目です。




♪ No.6 Every Man ♪
どこか切ない雰囲気が堪能できるメロディアス・ロックです。
このサビにはかなりハマったね。
ラストのギターがまた秀逸です。






     
  ♪ HITCH A RIDE (ヒッチ・ア・ライド) ♪
2012年4月にルビコン・ミュージックから
リリースされた、4thアルバムです。
3rdアルバムがリリースされたのは2002年。
実に10年間の沈黙を破り、ニュー・アルバムを完成させました。
またしてもVoが交代し、
元SEVENTH WONDER ~ 現SILENT CALLのVoを担当している、
アンディ・クラヴィヤカでございます。
彼は今まではプログレ・メタル・バンドで活躍してきましたが、
このようなメロディアス・ロックを歌うのはかなり珍しいかも。
過去3枚のアルバムを上回るのは不可能に近いのかもしれませんが、
しかし、この4thアルバムも相変わらず素晴らしい。
コレはありがたいニュー・アルバムだね。


♪ RECOMMENDED TUNE ♪
♪ No.1 No Where To Go ♪
オープニングを飾る曲です。
イントロから良い曲だと予感させ、
そして、サビを聴いた瞬間その予感は確信へと変わる。
カッコいいの一言!!




ランキングに参加しております。よろしければクリックして皆さんの
貴重な1票をお願いします。
  ↓
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
おはよーございます。
遊びに来てくださいましてありがとうございます。
おとといは秋保温泉の「ホテル 瑞鳳」で一泊し、
バイキングでたくさん食べ、温泉に入り、
至福の時間を過ごした次の日、
仙台南ICから神奈川県は川崎市に到着しました。
実質、高速道路の値段も上がり、何気にガソリンも
少しばかり値上がりし、交通費もけっこうかかりますね。
それにしても、関東は暖かいね。
今年は、メロディアスなバンドをもっともっと
開拓していきたいですな。輸入盤のお値段は
若干安いので、今年はけっこうCDを買うかも。
それでは、本日オススメのアルバムはコチラ♪



 1.Time To Let Go
 2.How Will I Know
 3.Shout Till You Wake Up
 4.Can't Let Go
 5.How Do You Sleep At Night
 6.Over The Line
 7.The Machine
 8.Hold On To Love
 9.Natalie
 10.The Turning Point
 11.My Waking Dream


  ♪ 85点 ♪

♪ WORK OF ART  / FRAMEWORK ♪

2014年9月にキング・レコードからリリースされた、
スウェーデンはストックホルム出身の
メロディアス・ロック・バンドによる3rdアルバムです。

デビュー・アルバムは明るくライトなロック、
2ndアルバムではロック色が増し、ハードな仕上がりに、
そして、今回この3rdアルバムでは、キラキラと輝く
Keyが印象的なAOR寄りのアルバムではないかと思います。
アルバムの完成度としては個人的には
2ndアルバムよりは若干劣るような気がしますが、
前2作がレベルが高すぎたということで、
コレはコレで素晴らしいことは間違いない。

1つ気になることは、
このアルバムがラスト・アルバムになるかもしれないという
噂が出ていますが、どうやらVoのロバート・サールは
3部作の構成を考えていたらしく、その一区切りとして
3部作のラストという発想だったのかも。
ま、ホントのラストだったら困るのよね。
ぜひとも4thアルバムをリリースしてほしいですな。

このロバート・サールという人物は、
WORK OF ART だけではなく、他の
バンドやプロジェクトにも参加しているので、
思うようにスケジュールが合わないのかもしれませんが、
これほど素晴らしいアルバムを完成させたのだから、
これからも頑張ってほしいと願い今日この頃です♪



♪ RECOMMENDED TUNE ♪
♪ No.4 Can't Let Go ♪
フックのあるサビが素晴らしい、これぞメロディアス・ロックです。
Voもクセのないクリアな声質で、このような曲は
多くのリスナーの皆さんに強烈なインパクトを与えるハズ。




♪ No.9 Natalie ♪
イントロから切ないメロディが印象に残る曲です。
コレはなかなか秀逸です!!




ランキングに参加しております。よろしければクリックして皆さんの
貴重な1票をお願いします。
  ↓
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

         メロディアス HMHR

Author:         メロディアス HMHR
♪ 自己紹介 ♪
性別   男
年齢   とうとう30代
都道府県 青森県
現在は神奈川県で勤務
しております

♪ 好きな俳優 ♪
アル・パチーノ
ロバート・デ・ニーロ
エリック・ロバーツ
ダグレイ・スコット
ビリー・ゼイン


♪ 趣味 ♪
・HM/HR鑑賞
・映画鑑賞
 (特にB級映画)
・ひたすら良い音楽や
 映画を探しまくる!
・ドラムを少しだけ♪


♪ アドレス ♪
melodioushardrock0815@gmail.com


ランキングに参加しております。よろしければクリックして皆さんの貴重な1票をお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村

カテゴリ
検索フォーム