皆さんこんばんは。
遊びに来てくださいましてありがとうございます。
本日は簡単な更新にさせていただきます。
3月も、もう終わり。だいぶ暖かくなってまいりました。
それでは、本日は最近よく観る動画を紹介します。


♪ Mike Mangini plays "The Enemy Inside" ♪
2013年にリリースされた、DREAM THEATER の
セルフ・タイトル・アルバムから、2曲目に収録されている
「The Enemy Inside」という曲をマイク・マンジーニが
プレイしております。このアルバムからマイクのドラムが
パワフルかつテクニカルに感じますね。流石の一言。





ランキングに参加しております。よろしければクリックして皆さんの
貴重な1票をお願いします。
  ↓
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
おはよーございます。
遊びに来てくださいましてありがとうございます。
本日はお休みをいただきました。
ゆっくりとしたいですな。
それでは、本日オススメのアルバムはコチラ♪


      
   ♪ STREET TALK / RESTORATION ♪
01. Give Me A Reason
02. Hare And Hounds
03. Language Of Love
04. Tables Turning
05. Dancer In The Rain
06. A Place In The Sun
07. My Heart Beats For You
08. Forever By Your Side
09. In The Arms Of Love
10. Why Is My Heart Feeling Lonely Tonight

Bonus Tracks:
11. After The Tears (Japanese bonus track)
12. Why Is My Heart Feeling Lonely Tonight
  (Demo Kimmo Blom vocals)
13. Forever By Your Side (Demo Kimmo Blom vocals)
14. Till The End Of Time
  (Original ‘Dancer In The Rain’; Peter Broman Vocals)
15. Language Of Love (Rough Mix)
16. Dancer In The Rain (Rough Mix)
17. Tables Turning (Rough Mix)
18. A Place In The Sun (Instrumental)
19. Why Is My Heart Feeling Lonely Tonight (Instrumental)

2002年9月にマーキーからリリースされた、スウェーデン出身の
メロディアス・ロック/ AOR バンドによる3rdアルバムに、
なんと、なんと、豪華ボーナス・トラックを追加収録し、
2015年10月にMELODICROCK RECORDSから再発されました。

フレドリック・バーグ(Key)を中心にこのバンドが立ち上げられ、
このアルバムでは、ヨラン・エドマン (Vo) が中心となり、さらに、
2曲だけですが、元VALENTINEのヒューゴが担当、二人とも
相変わらず見事な歌声を披露、その持ち味を存分に発揮しています。
曲作りにジム・ジッドヘッド、そして名手トミー・デナンダーも参加。
楽曲のクオリティ・アップに大きく貢献しています。
スヴェン・ラーション (G) のギター・ソロも心憎いほど素晴らしい。

清涼感 & 爽快感抜群のメロディアス・ロック作品に
仕上がっており、そのクオリティの高さは北欧でも
トップ・クラスではないだろうか?
ヨラン・エドマンの歌の巧さに鳥肌が立つNo.4、
キャッチーなサビが決め手の必殺のNo.5、
じっくりと聴くとどこまでも癒されるAORを極めたNo.7、
メロディアス・ロックを極めた文句なしのNo10、

ボーナス・トラックからは、その名曲のNo10を
URBAN TALEのキモ・ブロムが歌っているのは
なかなか興味深い。コレはコレでまた良い。
ま、正直なところ、インストはいらないのでは?



北欧メロディアス・ロックの傑作に相応しいアルバムに、
豪華ボーナス・トラックを追加収録してさらにパワー・アップした。
フレドリック・バーグの類まれなるソングライティング。
ヨラン・エドマンとヒューゴの堂々たる歌唱力。
スヴェン・ラーションの派手さはまったくと言っていいほど
ないものの、胸に迫る感動的なギター・ソロはまさしく一級品。
彼らの最新アルバムは現在のところ2006年にリリースされた
5thアルバム「V ファイヴ」。ということはもう10年前のこと。
そろそろニュー・アルバムをリリースしてほしいと願うばかり。

これほど完成度の高いアルバムを作ったのだから、ぜひとも
またその素晴らしい音楽を届けてほしいものだ。
メロディアス・ハード / AOR の真髄、ここに極まる!!



♪ RECOMMENDED TUNE ♪
♪ No.4 Tables Turning ♪
この曲、ヨラン・エドマンの歌があまりにも巧すぎて
鳥肌が立った。安堵感抜群、心癒される究極の1曲。




♪ No.5 Dancer In The Rain ♪
コレもまた素晴らしい。キャッチーなサビも聴きどころの1つ。




♪ No.10 Why Is My Heart Feeling Lonely Tonight ♪
ヒューゴがVoを担当。このアルバム最大のハイライトの1つ。
美しいメロディと透明感溢れる彼の歌声は多くの人を魅了するに
違いない。中間部で聴けるギター・ソロも派手に弾いてはないものの、
切なくも胸が熱くなるような感動すら覚える1曲。流石の一言。




ランキングに参加しております。よろしければクリックして皆さんの
貴重な1票をお願いします。
  ↓
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
皆さんこんばんは。
遊びに来てくださいましてありがとうございます。
ようやく春らしくなってまいりました。
それでは、本日オススメの1曲はコチラ♪




 1. Suckerpunch
 2. Turn The Lights Out
 3. Don't Let Go
 4. Lullaby (Live 2015)
 5. Stardust (Live 2015)
 6. Here Come The Vultures
  (Live 2015)
 7. Army Of Dolls
  (Live 2015)
 8. Suckerpunch Orchestra


  ♪ 85点 ♪

♪ DELAIN / LUNAR PRELUDE ♪

2016年2月にリリースされた、オランダ出身の
シンフォニック・ゴシック・メタル・バンド、
ディレインによるミニ・アルバムです。

シンフォニックとゴシックの要素を適度に導入しながらも
ノーマルなメロディアス・ハード好きな人にも十分にアピール
出来る高品質作品に仕上がっていると思います。
ライヴ・バージョンではパフォーマンスの高さが実感でき、
さらに、新曲である冒頭2曲の完成度も文句なしに高い。

シャルロット嬢の歌声も相変わらず素晴らしい。
彼女はソプラノ・ヴォイスを駆使しているわけでは
ないのですが、その美しくも官能的な歌声は
多くの人を魅了するに違いない。

このジャケットのヒドさはゲンコツ1発です。



♪ RECOMMENDED TUNE ♪
♪ No.1 Suckerpunch ♪
オープニングを飾る新曲です。
コレがアルバムの中でもっともハイライトの1つかと。
キャッチーなサビもとっても聴きやすい。それだけに、
このジャケットは、やはり、ゲンコツ1発です。




ランキングに参加しております。よろしければクリックして皆さんの
貴重な1票をお願いします。
  ↓
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
おはよーございます。
遊びに来てくださいましてありがとうございます。
本日は雨なのでお休みにさせていただきました。
それでは、本日オススメの1曲はコチラ♪



 1. Living In The Light
 2. Dont Go
 3. Winds Of Change
 4. Sieze The Day
 5. The Dream Is Alive
 6. Tell Me Why
 7. Come Back To Me
 8. Night Has Fallen
 9. Love Is The Magic
 10. Take It Or Leave It
 11. Youre So Far Away
 12. Willie (Instrumental)


  ♪ 85点 ♪

♪ RAMOS / LIVING IN THE LIGHT ♪

2003年6月にマーキーからリリースされた、
アメリカ人ギタリスト、ジョシュ・ラモスによる
1stアルバムです。

彼はTWO FIRESでも活躍しており、
あまり日本でも知られていませんが、
その流麗で躍動感溢れるギター・プレイは
多くのリスナーを魅了すること間違いなしだと思います。

Voにマーク・ウェイツを迎え、
全体を通して、伸びやかな歌と、輝くキーボードを主体とした、
良質なメロディアス・ロックに仕上がっております。
このヴォーカリストは現在活動しているのかね?

ちょいとワガママを言わせていただくと、
音質がちょっとよろしくないような気がする。
Voがちょっぴり引っ込んでいるように感じますね。
ま、それでも十分に素晴らしい作品ですが。
さすがはベテランが作る高品質作品。



♪ RECOMMENDED TUNE ♪
♪ No.3 Winds Of Change ♪
煌びやかなKeyと流麗なギター・プレイが
素晴らしい1曲。これまた感動的な曲に出会えましたな♪




ランキングに参加しております。よろしければクリックして皆さんの
貴重な1票をお願いします。
  ↓
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
皆さんこんばんは。
遊びに来てくださいましてありがとうございます。
今日の現場もちょいと寒かったですな。
明日から暖かくなるみたいですネ。
それでは、本日オススメのアルバムはコチラ♪



 1. Need You To Understand
 2. 3000 Beats
 3. I Want Out
 4. Number One
 5. Don’t Wait for Salvation
 6. All the Way
 7. Start A Fire
 8. Moving On
 9. Here I Am
 10. Look to the Sky
 11. Wage War Against the World
 12. All In

♪ ART NATION  / REVOLUTION ♪

2015年9月にリリーされた、スウェーデン出身の
メロディアス・ハード・ロック・バンドによる
デビュー・アルバムでございます。

自分はまだこのCDを購入してないのですが、
たまたま発見しました。いろいろと聴いてみると、
コレが予想以上にレベルが高い。
アメリカン・ハード・ロックの要素と北欧ならではの
哀愁のメロディがバランス良く融合された力強い
音楽は説得力抜群ですね。
Voもかなりの力量だと思います。

キラー・チューンもあるし、アップ・テンポの曲から
バラードまでバラエティに富んだ充実したアルバムではないかと。
このクオリティで日本発売ナシですか?



♪ RECOMMENDED TUNE ♪
♪ No.2 3000 Beats ♪
このアルバム最大のハイライトである
キラー・チューンだと思います。この躍動感
あふれる力強いサビは聴いてみる価値大アリ!!




ランキングに参加しております。よろしければクリックして皆さんの
貴重な1票をお願いします。
  ↓
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
おはよーございます♪
明日も天気があまりよろしくない。
火曜日から少しは暖かくなるみたいですが、
外の現場で働く人にとっては天気は
仕事に大きく影響されますな。
それでは、本日オススメの1曲はコチラ♪



 1. My Resurrection
 2. Bad Madman
 3. Godforsaken
 4. Dreams
 5. Flyin' Blind
 6. Another Day Gone
 7. More Than Money
 8. The Shadows
 9. Beggers Lane
 10. Rage Of Angels
 11. Lost
 12. Shades Of Grey


  ♪ 86点 ♪

♪ BRAZEN ABBOT / MY RESURRECTION ♪

ブルガリア人ギタリスト、ニコロ・コツェフによる
ロック・オペラ・プロジェクト5thアルバムでございます。
この人、最近はあまり目立った活動はしてないのかね?

ジョー・リン・ターナー
ヨラン・エドマン
トニー・ハーネル
エリック・マーテンソン

などなど、
HM/HR界を代表する実力者たちが集まり、
しっかりとした演奏陣のもと、それぞれが
持ち味を存分に発揮しています。

王道のハード・ロックあり、力強いメタルあり、
叙情的なバラードあり、完成度は高いことは
もちろんのこと、バラエティに富んでいて、聴きごたえ
十分です♪ それなのに、どーいうわけなのか
輸入盤扱いで、これほどレベルの高い作品を
日本発売しないのは一体どーして?



♪ RECOMMENDED TUNE ♪
♪ No.4 Dreams ♪
ジョー・リン・ターナーが歌うバラード・ロックです。
こんなリラックスした曲もたまには良い。
中間部で聴けるピアノ・ソロがこれまた絶品だネ♪





ランキングに参加しております。よろしければクリックして皆さんの
貴重な1票をお願いします。
  ↓
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
皆さんこんばんは。
遊びに来てくださいましてありがとうございます。
いやいや今日の現場はとっても寒かったね。
それでは、本日は新譜を紹介します♪



 01. The Weight
 02. Highest Bitter
 03. Havoc
 04. Pages
 05. Flames
 06. Loved Ones
 07. After The Fire
 08. Remember
 09. Chivalry
 10.I Am (Live)


  ♪ 84点 ♪

♪ CIRCUS MAXIMUS / HAVOC (ハヴォック) ♪ 

2016年3月2日にマーキーからリリースされた、
ノルウェー出身のプログレッシヴ・メタル・バンドによる
実に4年ぶりとなる4thアルバムとなります。

今回のニュー・アルバムですが、率直な感想を
言わせていただくと、ちょっとビミョーな感じが。
もちろん、完成度は高いし、今まで以上に奥が深い
仕上がりになっていると思いましたが。
メロディ、そしてプログレの要素がかなり減退し、
ダークでモダンな要素が増えたように感じます。

個人的には前作の3rdアルバム「NINE」が彼らの
今までのアルバムの中では最高傑作だっただけに、
今回のニュー・アルバムにはちょっと残念な気が・・・・・。
デビュー・アルバムから完成度の高いアルバムを
続けてリリースしてきただけに、期待も大きすぎたのかな?
それとも、音楽の路線に迷いが生じたのだろうか?

Voや演奏も抜群に素晴らしいし、このバンドの
「らしさ」はまだまだ残っている。でも、何かが違うのよね。



♪ No.1 The Weight ♪
オープニングを飾る1曲です。
奥が深いと思うし、マイケル・エリクセンの歌も滅法巧い。
でも、あと一歩、どこかスッキリしないような・・・・・。
やはり音楽的方向に迷いが生じているのだろうか?





ランキングに参加しております。よろしければクリックして皆さんの貴重な1票を
お願いします。
  ↓
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
皆さんこんばんは。
遊びに来てくださいましてありがとうございます。
今週は、あまり天気がよろしくないようですな。
それでは、本日オススメのアルバムはコチラ♪



 1. Super Perfect World
 2. Ticket to Paradise
 3. Rainy Day
 4. Give You Away
 5. Let Me Sleep
 6. Dead to Me
 7. Fallen Heroes 
 8. It's Got to be Me
 9. Leap of Faith
 10. Taste
 11. Hungry!
 
 


  ♪ 85点 ♪

♪ GOODBYE THRILL (グッドバイ・スリル) ♪

フランスのプログレ・メタル・バンド、
VENTURIAのマーク・フェレイラを中心に結成された
メロディアス・ハード・ロック・バンドのアルバムです。
コレがデビュー・アルバムとは思えぬほどレベルが高い。

80s~90sの、どこか懐かしいメロディがとっても印象的で、
目を閉じてじっくりと聴いていると癒されますね。
懐かしさを感じながらも新鮮さも感じることができるのは
彼らの類まれなるポップ・センスが光っているかと思います。

軽快なリズムに乗せて幕を開けるオープニングに相応しい、
カッコいいNo.1、この曲を聴いただけでこのアルバムのレベルの
高さが窺える。
そして、このアルバム最大のハイライトであり、必殺の
キラー・チューンNo.3。
哀愁のメロディが爆発する。こんな曲を聴きながら
海沿いをドライブしたらさぞサイコーだろう。
そういえば、最近はあまり目立った活動はしてないよね?



♪ RECOMMEND TUNE ♪
エネルギッシュでカッコいい1曲。
このような曲はあとからジワリジワリと効いてくる。
美しいメロディと、若々しい歌声は新鮮さを感じる。




♪ No.3 Rainy Day ♪
これぞ、メロディアス・ハードと断言できる究極の1曲。
秀逸なメロディと華麗なハーモニーが織り成す、
この曲に出会えて本当に良かったと感動する1曲。
こんな曲は月9ドラマに使ってほしいと常々思います♪




ランキングに参加しております。よろしければクリックして皆さんの貴重な1票を
お願いします。
  ↓
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
皆さんこんばんは。
遊びに来てくださいましてありがとうございます。
ここ最近、どうも疲れやすい。
さすがに土曜日まで働くと、予想以上に
疲れが溜まってくるのかね?
それでは、本日は絶対必聴のアルバムを紹介します♪



 1. Do It All Again
 2. Deja Vu
 3. These Tears I Cry
 4. Long Way From Home
 5. Set Me Free
 6. Yesterdays News
 7. Time Well Wasted
 8. 9 Out Of 10
 9. Run With Me
 10. Love Is The Key
 11. Please Please Please
 12. Ma Cherie


  ♪ 93点 ♪

♪ WIGELIUS / TABULA RASA ♪

2016年1月に輸入盤でリリースされ、さらに、
4月にルビコン・ミュージックからリリース予定の、
スウェーデン出身、メロディアス・ロック・バンドによる
4年ぶりの2ndアルバムです。
アンダース・ウィゲリウス (Vo) とエリク・ウィゲリウス (Dr) の
兄弟を中心とした4人組バンドです。

今回のアルバムも期待に応えた見事な作品で、
完成度の高い前作 「REINVENTIONS」 を大きく上回る。
CARE OF NIGHTのプロデュースなど、彼らの
類まれなる才能は他のバンドにも大きな影響を
与えているに違いない。

前作同様、エネルギッシュで爽快なメロディが際立つ
元気いっぱいのハード・ロックを聴くことができ、この手の
ジャンルが好きな人は絶対に聴いてほしいオススメの1枚。
全体的にコンパクトにまとめられており、あまり洋楽を
聴いたことがない人でもすんなり受け入れられること
間違いなし!!

力強い、少々アップ・テンポのNo.2、No.9
じっくりと聴きたくなる少々切ないNo.3、
カッコいいサビが聴けるNo.5、
このアルバム最大のハイライトNo.7、No.11 などなど
バラエティに富んでいてまったく飽きを感じさせない仕上がり。


2016年、ベスト・アルバムの最有力候補がここに登場した。
しかもスウェーデン出身、やっぱり北欧という国は侮れない。
彼らはまだまだ若いし、まだまだ伸びるバンドだと思う。
メロディアスHM/HRの歴史に残る名盤中の名盤。
これほど素晴らしいアルバムを作ったのであれば、やはり
来日公演にも自ずと期待が高まるばかり。
ぜひとも世界的に活躍していってほしい。
彼らはそれほどの価値があるメロディアス・ロック・シーンに
とって、なくてはならない存在なのだから。



♪ RECOMMENDED TUNE ♪
♪ No. 7 Time Well Wasted ♪ 
まずイントロからカッコいい。
そして、盛り上がるサビに近づくにつれ、良い曲を
予感させる期待が高まり、そして素晴らしいサビを
聴いた瞬間、その期待は確信へと変わる。
これぞ、メロディアス・ハードと膝を叩きたくなる1曲。




♪ No.11 Please Please Please ♪
この曲もイントロからカッコいい!!
爽快感抜群のメロディアス・ハードを極めた1曲。
若いってのは、いいもんですな♪




ランキングに参加しております。よろしければクリックして皆さんの貴重な1票を
お願いします。
  ↓
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

         メロディアス HMHR

Author:         メロディアス HMHR
♪ 自己紹介 ♪
性別   男
年齢   とうとう30代
都道府県 青森県
現在は神奈川県で勤務
しております

♪ 好きな俳優 ♪
アル・パチーノ
ロバート・デ・ニーロ
エリック・ロバーツ
ダグレイ・スコット
ビリー・ゼイン


♪ 趣味 ♪
・HM/HR鑑賞
・映画鑑賞
 (特にB級映画)
・ひたすら良い音楽や
 映画を探しまくる!
・ドラムを少しだけ♪


♪ アドレス ♪
melodioushardrock0815@gmail.com


ランキングに参加しております。よろしければクリックして皆さんの貴重な1票をお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村

カテゴリ
検索フォーム