おはよーございます。
遊びに来てくださいましてありがとうございます。
今月も残り僅か、とっても早いですな。
お正月は、いろんなメロディアスHM/HR、
有望なギタリストなどを探していこうと思います。
それでは、本日オススメの1曲はコチラ♪


     
  ♪  MARCO SFOGLI / REMARCOBLE ♪
 最高のテクニックとセンスが織り成す圧巻のプレイ 

2012年にリリースされた、イタリア出身の
テクニカル・ギタリスト、マルコ・スフォーリの2ndアルバムです。
彼は、プログレ・メタルの最高峰、DREAM THEATERのフロントマン、
ジェイムズ・ラヴリエ (Vo) のソロ・アルバムにも参加し、その
卓越したテクニックを披露してくれています。

参加ミュージシャンを拝見させていただくと、
数多くのバンドで引っ張りだこのヴァージル・ドナティ (Ds)、
DREAM THEATERのオーディションにも参加したことで知られている
ピーター・ウィルドアー(Ds)、
イタリアのDGMで活躍しているアンドレア・カザーリ(B)、
ジェイムズ・ラヴリエのソロ・アルバムにも参加していた
経歴を持つ、マット・ギロリー (Key) などなど、多彩な
ミュージシャンたちがそれぞれの楽曲に華を添えております。

そして、主役のマルコ・スフォーリですが、この人、

とんでもないテクニックの持ち主!!
「静」と「動」のバランスがこれまた素晴らしい楽曲がズラリと並び、
ときには高速プレイを徹底的に披露し、ときにはメロディアスに、
多彩なフレーズが次から次へと繰り出されるギター・プレイは、
もはやHM/HRのジャンルを超えた、まさに八面六臂の活躍ぶり。

彼のフィーリング豊かな演奏は、その他、大勢のギタリストたちとは
明らかに一線を画す、貴重な存在なのかもしれない。これほどの
素晴らしいギタリストはもっと多くの人たちに知ってほしいと思うし、
そろそろ、彼の新しいソロ・アルバムにも期待したいところ。
彼は、ありとあらゆるジャンルに完璧に対応できる、数少ない
プレイヤーだと信じているし、これからもいろんなバンドに参加して
その実力をいかんなく発揮してほしいところ。

彼のことを少しでも気に入っていただけたのなら、ぜひとも
CDをチェックしていただきたい。彼は、これからの音楽シーンに
欠かせない、重要な存在なのだから。



♪ RECOMMENDED TUNE ♪
♪ No.3 The Reaction ♪ 
伸び伸びと、躍動感あふれる個人的に大好きな1曲。
テクニックはもちろんのこと、インストでありながら
これほどの説得力のあるそして、インパクトを放つ
ギタリストはなかなか存在しないのではないかと。
これまた、素晴らしい1曲に出会えて感謝申し上げたい。
彼はこれからもっともっと世界的にも活躍できるハズ。
その実力と魅力はもうすでに備わっているのだから。




ランキングに参加しております。よろしければクリックして皆さんの
貴重な1票をお願いします。
  ↓
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
皆さんこんばんは。
遊びに来てくださいましてありがとうございます。
どうやらあさっては、やたらと寒くなるようですな。
それでは、本日オススメの曲はコチラ♪


     
   ♪ LOS ANGELES (ロサンゼルス) ♪

2007年8月にキング・レコードからリリースされた、
VISION DIVINEや、現在ではイタリアのパワー・メタル・バンド、
SECRET SPHERE (シークレット・スフィア) で活躍している
超絶シンガー、ミケーレ・ルッピ率いるメロディアス・ロック・
バンドによるデビュー・アルバムです。
現在のところ、このバンドでのアルバムは2枚リリースしています。

北欧メロディアス・ロック界の職人、トミー・デナンダー (G)、
さらにマスタリングにはデニス・ワードという、そうそうたる
メンバーがバックを支えていることは何とも頼もしい限り。

もともと曲が良い上に、クリアでハイトーンが得意なミケーレが
歌うとこれまたさらに楽曲が際立つ。メロディアス・ロックや
AORなどが好きなリスナーの方には、自信を持ってオススメできる
高品質作品に仕上がっております。

ま、コレと言って目新しいことがあるわけではないのですが。
美しいメロディにクリアで温もりのある歌声を聴くだけでも
CDを買う価値はあると思うし、そろそろ他のミュージシャンたちの
力を借りてニュー・アルバムを制作してほしいですな♪



♪ RECOMMENDED TUNE ♪
♪ No.5 Last Chance ♪
ちょっぴり切ない雰囲気が良いメロディアス・チューン。
あとからジワリジワリと来るスルメイカのような1曲。




♪ No.10 Caroline ♪
イントロから良い曲だと予感させるメロディアス・チューン。
ミケーレの伸びやかな歌声があとからジワリジワリと来る
スルメイカのような (?) 1曲。




ランキングに参加しております。よろしければクリックして皆さんの
貴重な1票をお願いします。
  ↓
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
皆さんこんばんは。
遊びに来てくださいましてありがとうございます。
最近はスコップとツルハシを使い、非常に腰が痛い。
今はかなり良くなりましたが、筋肉痛は遅れてやってくる。
それでは、本日オススメの1曲はコチラ♪



 01. Hands Of Gold
   (feat. Alissa White-Gluz)
 02. The Glory And The Scum
 03. Suckerpunch
 04. The Hurricane
 05. Chrysalis - The Last Breath
 06. Fire With Fire
 07. Pendulum
 08. Danse Macabre
 09. Scandal
 10. Turn the Lights Out
 11. The Monarch


  ♪ 85点 ♪

♪ DELAIN (ディレイン) / MOONBATHERS ♪

2016年8月にマーキーからリリースされた、
オランダ出身の歌姫シャルロット・ウェッセルス率いる
シンフォニック / ゴシック・メタル・バンド、
DELAIN (ディレイン) による5thアルバムです。

同じくオランダのWITHIN TEMPTATIONを筆頭に、最近では
このバンドとEPICA が追いつけ追い越せと、次の座を争って
いるかもしれません。
欧州のシンフォニック / ゴシック・メタル・シーンも彼女たちの
活躍により盛り上がってきているように感じます。

シャルロットの官能的な歌いまわしは相変わらず絶品だし、
壮大なオーケストレーションを施した、重厚なメタルは、
そんじょそこらの新人バンドでは到達できないレベルだと
思うし、メロディも今まで以上に充実しいていると思います。
ただ、ワガママを言わせていただくと、ほんのわずかですが、
曲によっては、「ん?」と少しだけ違和感を思わせる箇所も
あるような気がします。ま、それを差し引いても魅力的な
音楽であることには間違いないと思うし、ここ最近では
ライバルもけっこう存在していると思います。

シャルロットの歌はこのバンドの最大のアピール・ポイントだと
思うし、これからも活動を続けてヨーロッパのメタル・シーンを
盛り上げていき、世界的に活躍してほしいと願うばかり。



♪ RECOMMENDED TUNE ♪
♪ No.3 Suckerpunch ♪
この曲は、前作にリリースされたミニ・アルバムにも収録
されている、個人的に一番大好きな曲です。
メロディアスでテンション↑のサビはなかなかGoodだネ♪





ランキングに参加しております。よろしければクリックして皆さんの
貴重な1票をお願いします。
  ↓
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
おはよーございます。
遊びに来てくださいましてありがとうございます。
もう11月も中盤にさしかかり、今年もあと50日程度。
早いですな。地元に帰ったらやりたいことがいっぱい。
それでは、本日オススメの1曲はコチラ♪


    
♪ LANA LANE / BALLAD COLLECTION II ♪

2000年11月にマーキーからリリースされた、
シンフォニック・ロックの歌姫、ラナ・レーンによる
バラード・コレクション・アルバム第二弾です。
このアルバムは日本のみでの発売です。


コレがなかなか良い!!

バラード集ということで、美しい曲がズラリと並び、
夫であるエリク・ノーランダーも美しいピアノやオルガンを
駆使して楽曲をさらに盛り上げ、相乗効果をもたらしてくれる。

もちろん、メタルの要素は一切なく、少々物足りない部分も
あるかもしれませんが、ゆっくりと身をゆだね、彼女の美しい
歌声に惚れ惚れさせられる充実の1枚。
このようなタイプの音楽は意外と少ないのではないかと。
そういえば、最近彼女はニュー・アルバムをリリースしてないね。


♪ RECOMMENDED TUNE ♪
♪ No.2 Hands To Heal ♪
ほかにも素晴らしい曲はたくさんありましたが、
この曲がアップされていましたのでご紹介します。
じっくりと聴きたくなる1曲で、彼女の深遠なる世界に
引き込まれていく。美しいの一言。




ランキングに参加しております。よろしければクリックして皆さんの
貴重な1票をお願いします。
  ↓
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
皆さんこんばんは。
遊びに来てくださいましてありがとうございます。
一気に寒くなりましたな。
ほとんど秋を感じないまま冬に突入しそうですね。
それでは、本日は気になるアルバムをご紹介♪


     
   ♪ DEVIN TOWNSEND PROJECT ♪
 ♪ TRANSCENDENCE (トランセンデンス) ♪


2016年9月にワードレコーズからリリースされた、
奇才デヴィン・タウンゼンドのプロジェクト・バンドによる
最新アルバムです。初回限定盤にはボーナスCDも追加された
豪華2枚組アルバムとなっています。

このデヴィン・タウンゼンドという人物は、
天才ギタリスト、スティーヴ・ヴァイが1993年にリリースした
アルバム、「Sex & Religion (セックス・&・レリジョン)」のVoとして
参加したことがきっかけとなり、後に彼の名前は多くの人たちに
知れ渡っていき、現在に至ります。スティーヴ・ヴァイに見出された
ことが1つの大きなターニング・ポイントとなっているようですな。

今回のニュー・アルバムのテーマは、超越=トランセンデンス
ということで、全体的に壮大で荘厳で、ヘヴィな曲が楽しめる。
荘厳なオーケストレーションとヘヴィネスの見事な融合。
彼の世界観が楽しめる曲がズラリと並んでおります。
ただ、だんだん飽きてくるような感じもしますが。

個人的には、ドラムにライアン・ファン・ポーデルーエンという
フランスのヴィヴィアン・ラルー (Key) のアルバムにもその
手腕を発揮してきた実力者がプレイしていることは何とも
ウレシイ限り。ま、彼はココ最近のデヴィンのアルバムに
参加している重要人物です。どうしよう、CD買おうかな?


♪ Stormbending ♪
ずいぶんと壮大なスケールで展開される1曲です。
予想以上聴きやすい。もっとヘヴィだと思っていましたが、
なかなかGoodでは?





ランキングに参加しております。よろしければクリックして皆さんの
貴重な1票をお願いします。
  ↓
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
おはよーございます。
遊びに来てくださいましてありがとうございます。
もう11月ですか、今年もあっという間ですな。
残り2ヶ月、悔いのないように頑張りましょう。
それでは、本日オススメの1曲はコチラ♪



 01. I Will Survive
 02. Lay In On The Line
 03. I See You There
 04. It's Just A State Of Mind
 05. Sea Of Dreams
 06. Time And Time Again
 07. When Love Sets You Free
 08. Down
 09. The Only One
 10. What Love's Supposed To Be
 11. I Want It All


  ♪ 85点 ♪

♪ SEVENTH KEY / I WILL SURVIVE ♪

2014年1月にルビコン・ミュージックからリリースされた、
KANSASのベーシスト、ビリー・グリアーが率いる
プログレッシヴ・ハード・ロック・バンド による、
実に10年ぶりの3rdアルバムです。

今回も盟友マイク・スラマーのサポートを得て
製作されただけあって、そのクオリティの高さは
申し分なし。このギタリストのマイク・スラマーという人物は、
STREETSやSteelhouse Lane (スティールハウス・レーン)
というバンドなどで活躍し、その才能と実力をいかんなく
発揮してきた人物。

今回の10年ぶりのアルバムも10年のブランクを感じさせない
その出来栄えは一級品でございます。自分はこのバンドは
2001年にデビュー・アルバムをリリースして間もなく知った。
ギリギリ、マイク・スラマーという人物を知っていたので、
とは言っても、あまり大きな期待をしていなかったのですが、
デビュー・アルバムの1曲目、「The Kid Could Play」という曲を
聴いたときはビックリした。かなりレベルが高かったからだ。
ビリー・グリアの歌だけではなく、マイクのギター・ソロにも
驚嘆させられた。

このマイク・スラマーのギター・プレイは、なんと言ったらいいか
よく分からないのですが、テクニックはもちろんのこと、その
感情豊かでときにはテクニカルに、ときにはエモーショナルに、
とにかく完璧なソロを披露してくれて安心して聴ける。

今回のニュー・アルバムは若干おとなしめの曲が多いと
思いましたが、依然としてハイ・レベルをキープ。
ドラマティックなハード・ロックを軸に、清涼感と爽快感が
絶妙なバランスで導入された、流石はベテランが作る高品質作品。



♪ RECOMMENDED TUNE ♪
♪ No.3 I See You There ♪
この曲、ハッキリ言ってズバ抜けているとはまったく思わない。
コレと言って派手な展開はなく、淡々と曲が進んでいきますが、
でも、なぜだろう? この切なくて美しいメロディは。
ギター・ソロもスリリングな展開はないものの流石はマイク、
見事な腕前だ。そして、ラストはゆっくりと盛り上がっていき、
どこか、ちょっぴり悲しく切ない余韻に浸れる。
コレ、かなりレベル高いかも!!




ランキングに参加しております。よろしければクリックして皆さんの
貴重な1票をお願いします。
  ↓
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

         メロディアス HMHR

Author:         メロディアス HMHR
♪ 自己紹介 ♪
性別   男
年齢   とうとう30代
都道府県 青森県
現在は神奈川県で勤務
しております

♪ 好きな俳優 ♪
アル・パチーノ
ロバート・デ・ニーロ
エリック・ロバーツ
ダグレイ・スコット
ビリー・ゼイン


♪ 趣味 ♪
・HM/HR鑑賞
・映画鑑賞
 (特にB級映画)
・ひたすら良い音楽や
 映画を探しまくる!
・ドラムを少しだけ♪


♪ アドレス ♪
melodioushardrock0815@gmail.com


ランキングに参加しております。よろしければクリックして皆さんの貴重な1票をお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村

カテゴリ
検索フォーム